仕事探しサイト

ワークポート(WORKPORT)

投稿日:

ワークポート(WORKPORT)

ワークポート(WORKPORT)は株式会社WORKPORTが運営する転職エージェントサービスです。比較的広範囲の求人を扱っていて採用実績数はかなり増えているようです。以前はIT業界の求人情報に特化していましたが、2014年より総合的な職種の求人を扱うようになりました。

とにかく昔はIT系と言えばすぐに転職してしまう。在職期間が短いなどという特別な業界だったのでそれに特化するということで他の転職エージェントよりも目立っていたのですが、IT業界が一般的になってしまった現在ではあえてそれを強みにすることもできなくなってしまいました。

そのためだと思われますが、総合的な求人を扱う方向に転換したようです。

かなりの採用実績をあげているようなので、ちょっと自分はエージェントに紹介してもらえないという人でも一度応募してみるといいかもしれません。

たとえ他で見たことある公開求人であっても推薦状を書いて付けてくれることがあるかもしれません。そうすれば公開求人でも企業の人事部へのアピールになり内定を貰える確率が上がるかもしれません。

決して、『あ、これ他で見たよ。。。なんだよ私に紹介できる案件なんてないって意味なの!?なんかこれ以上期待して受けるのは無駄な労力になりそうだから辞めておこう。。』なんて思わないで下さい。

キョトンとしていると、こう言われるかもしれません。

『あ、受けましたか?これ?』という風に聞き返されますが、公開求人であるので他で見ていても何の問題もないようです。さすがに同じ人がもう一度受けてきたら、エージェントの顔が立ちませんからそれだけは気にしているようです。

しかし、ここで普通の人は一般応募できる求人にあえてエージェント経由で応募する意味が全く分かりません。エージェント経由じゃ企業も紹介料払うから直接応募の方が面接してくれる可能性が高いだろうと思いますよね??

しかし、エージェントを見かぎってしまうのは勿体無いかもしれません。

それはエージェントが一度面談してその人を見ているからです。第一段階の選考は終えたと言えるかもしれないからです。

経歴だって本当かどうか、その人がちゃんと受け答えできる人なのかどうか、それを企業の人事部が直接確かめていたら大変な労力になります。

それをクリアしているというだけでもやはり有意義なので公開求人であってもワークポート(WORKPORT)経由で応募した方がメリットがあると言えると思います。

 

*ワークポートでの事例というわけではありません。一般的なエージェントサービスでの話です。

 




あわせて読みたい!

-仕事探しサイト

執筆者:

関連記事

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビが運営する比較的若年層向け(20代~30代)の非公開求人を扱う、コンサルタントが紹介するエージェントサービスです。

タウンワーク-大手が運営!案件多数!

タウンワーク-大手が運営!案件多数! タウンワークは、株式会社リクルートジョブズが運営する総合アルバイト情報サイトです。 過去に何回もいい求人を見つけました。地域密着型の求人探しが可能なサイトデザイン …

ミドルの転職

ミドルの転職 ミドルの転職はエン・ジャパン株式会社が運営するミドル向けの転職エージェントサービスです。ミドル向けのハイクラスな求人情報を扱っています。 完全非公開型でスカウトサービスがメインになってい …

リクルートエージェント

リクルートエージェント リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営している昔から有名な老舗的な大手転職エージェントです。コンサルタントが面談をし、求職者にマッチしそうな非公開求人があれ …

マイナビ看護師

マイナビ看護師 マイナビ看護師は株式会社マイナビが運営する看護師専門の求人情報サイトです。