Googleアルゴリズム SEO対策 アフィリエイト スマホサイト テンプレート販売 滞在時間 直帰率 訪問別PV

【第41話】【ペラサイトはなぜ上位にヒットするのか?】<在宅ライターの仕事からアフィリエイターへ>

【第41話】【ペラサイトはなぜ上位にヒットするのか?】<在宅ライターの仕事からアフィリエイターへ>

 

ペラサイトとは?

それは世にも奇妙なサイトです。

  • サイトが1ページしかない!
  • 被リンクも張られていない!
  • アフィリエイトリンクが貼られている!
  • なぜか、1位に表示される!
  • ドメイン名が日本語で『(商品名A)が楽天で安い.xyz』という奇妙なものである。
  • サイト名も同じで『(商品名A)が楽天で安い.xyz』となっている!
  • なぜか、サイト下部に『運営者情報』と『お問い合わせ』が付いている!

 

これは美容系のような競争の激しいジャンルのアフィリエイトページでよくみられるものです。

上位表示される理由は

  • ドメイン名が商品名を含んでいることにより公式サイトだと勘違いされる効果があります。
  • サイト名も同様に公式サイトではないかと思われます。
  • そのための施策として、サイト下部に『運営者情報』と『お問い合わせ』が付いているということも言えます。
  • コンバージョン(売れる)しそうな1つのキーワードに対して、ドメイン名から作っていく。
  • xyzドメインは更新費用は1000円以上かかるが取得費用は100円以下だったりすることもあって利用される。
  • 上位にヒットしなければ、同じキーワードでページを20~50ほど追加してみる。
  • リスティング広告、ディスプレイ広告を使って売り上げを狙うと。同時にPVが増えると上位に表示されやすくなる。

 

こんな理由で新規に取得したドメイン名でも簡単に検索1位にヒットさせることができます。

費用も安いものです。発注すれば数万円で作れるでしょう。

あとは、ペラサイトの量産ツールを使って効率化すればもっといいでしょう。

 

ではなぜ私はやらないのか?

はっきりいって超うらやましいです。

2018年8月1日のGoogleアップデートでほんとにさんざんな目にあっているサイトが多い中、ペラサイトはあいかわらず1位から5位独占です。

私のサイトは100位以下というか、400位以内にも出なくなってしまいました。完全に消されてしまいました。この世からなかったことにされています。

こんな酷い扱いを受けてGoogleに従わなければならないのはほんとに苦痛きわまりないので、ほんとうに大事なことを目標としてやっていこうと考えました。

もちろん、いつまでいけるかわかりませんが、このペラサイト方式でアフィリエイトを始めたら利益を上げることができると思います。そのための教材も豊富です。

 

どこまで商材に特化するかで決まる!

べつにペラペラサイトが悪い訳じゃないですし、特別なものでもありません。

ただ、どこのスコープまで掘り下げて専門性の高いサイトにするかということです。

それだけです。

普通、男性のジャンルだと『株式口座の比較一覧』というページを作ったりします。そこには各証券会社の解説が集まっています。

しかし、美容は売り上げ規模が大きいのです。

ですから、A証券という会社が1つの美白クリーム製品と同じだったりします。

もっといえば、株式口座全体と1つの美白クリーム製品が同じだったりします。

すると、1つのAという美白クリームだけのサイトを立ち上げて運用しても、株式口座の比較サイトと同じレベルです。

全く違和感ありませんね。

さてはて、どうしたもんか?

美容やるならこれマストなのか?

といえば、

 

Googleから天誅を食らう!と思う。

ペラサイトなんて圏外にとんでもまた作ればいいんですが、お金に余裕がある人がやればいいと思います。

初心者は発注とかできないですし、要領も悪いです。すると、ペラサイトを作るのも大変だったりします。それでGoogleがお怒りになったら大変です。

公式と同じか?って勘違いをさせているわけですから、それはある日、NGになると思います。

特化することはいいと思います。

ただ、大変です。

公式と誤認されるメリットがなければあえてペラペラでやることはないと思います。

それよりはドメイン力のあるサイトで1つのカテゴリとしてやったほうがいいと思います。