『転職支援、プログラミングスクールランキング!』【小学生に勝てない。】<講座、講習、社会人、転職保証、費用、無料、大人の教室、研修セミナー>

『転職支援、プログラミングスクールランキング!』【小学生に勝てない。】<講座、講習、社会人、転職保証、費用、無料、大人の教室、研修セミナー>

近頃では転職保証付きのプログラミングスクールがいくつもあります。

いくつかの人材紹介会社が転職支援の一環として簡易なプログラミングスクールを開催していることもあります。

転職支援、プログラミングスクールおすすめランキング!

数ヶ月から1年間フルタイムで講義があるタイプのもの、オンライで動画を見ながら独学で学ぶスタイルのものなどがあります。

就職できなかったら授業料返金という制度を聞くと「何か怪しくない?大丈夫?何かいいようにされてしまうんじゃないのか?」という不安が全く無いとは言い切れる人は少ないことでしょう。

たしかに授業料が戻ってくるからと安易な考えで始めるのはおすすめしません。

しかし、授業料を払っても得るものがあると思える人だけが参加する意義があります。

転職保証付きのプログラミングスクールは、Web制作会社やシステム開発会社へ就職することになります。

職業訓練校でお金をもらいながら受けるWeb系の講義はありますが、知り合いの文系の人が半年間通ってWebデザイナーやDTPの操作を覚えて実技試験でちゃんと成果物を作れるようになったのですが、最終的に決まったのはWeb制作会社の営業職です。

あとはメルマガを書いたりしているそうです。

ようするに公共のぬるい講義では実践で使える技術は身につかないといういい事例だと思います。

これが全てだとは思いませんが、もしも、プログラミングと関連性のない学部を卒業して新卒入社ではなく中途入社でプログラミングの道を目指そうというなら何らかの後ろ盾がないと難しいと思います。

中途を受け入れている会社は中小が多く、Web制作、システム開発会社は経験者しか雇いたくありません。

そのため、たとえ条件が新卒レベルであっても未経験者で独学の人を雇うのはちょっと抵抗があるのだと思います。

しかし、若い人でプログラミングスクールの紹介する就職ということになると、採用してくれることになるわけです。

こういったものはありませんでしたので需要があるとおもいます。

言い換えれば自費で新人研修費用を支払って入社してくれる人というありがたい存在でもあります。

新人研修の相場を考えるとプログラミングスクールの授業料なんて数分の1以下だと思います。

*以下の「おすすめ」にあるスクールは「転職保証」や「返金保証」が必ず付いているものではありません。それぞれのスクールの詳細をご確認ください。

プログラミングスクールおすすめランキング!コース一覧!

No.1 WebCampPro【転職保証のプログラミングスクール!】

WebCampPro【転職保証のプログラミングスクール!】

No.2 TECH::CAMP【エキスパートコース】

TECH::CAMP【エキスパートコース】

No.3 TECH::CAMP【エンジニアスクール】

TECH::CAMP【エンジニアスクール】

No.4 tech boost

tech boost

No.5 TechAcademy【キャリア転職支援コース】

TechAcademy【キャリア転職支援コース】

No.6 TechAcademy【キャリア】

TechAcademy【キャリア】

No.7 TechAcademy【就職予備校 カウンセリング】

TechAcademy【就職予備校 カウンセリング】

No.8 Aidemy Premium Plan【人工知能特化型プログラミング学習サービス】

Aidemy Premium Plan【人工知能特化型プログラミング学習サービス】

プログラミングスクール以外のスクール

No.1 ブロックチェーン大学FLOC【エンジニアスクール】

ブロックチェーン大学FLOC【エンジニアスクール】

No.2 ネットビジョンアカデミー【ネットワークエンジニアを目指せ!】

ネットビジョンアカデミー【ネットワークエンジニアを目指せ!】

転職保証付きのスクールは対象が概ね30歳以下となっているようです。

プログラマーは厳しい仕事ではありますが。

まだまだ他にもありますが、就職への道が近そうなところというのが通常の資格学習とは異なるところです。

本来は会社がお金を払って研修を受けさせてOJTで実践しながら覚えていくのが普通ですが、会社に入れなければ始まりません。

その点、講義で覚えられることはたかがしれていますが、その後会社に入って現場で覚えたことは使える技術になると思います。

仕事が決まった量や時間で計れないため、上手くいかないと非常に長時間にわたる勤務になったり、コスト競争により納期が短くいくつも並行して常に時間追われるようなこともあります。

ITエンジニアなどでは大規模なプロジェクトルームで稼働前の大事な時期には寝る時間以外は椅子に張り付いていることや、近くのホテルに泊まり込むこともあります。今では規制の目も厳しくなりましたが会社の椅子で何日も寝ている人もよく居ました。

そんな過酷なこともあるのがIT、Web系の開発職というものです。

仕事は忙しいですが他では得られない知識や経験もできます。コンピュータが好きな人にとって仕事内容は非常に魅力的なものです。

あまりに酷い環境の場合はしかるべき対応をとれるように自己防衛しておくことも大事です。

プログラミングスクールで学習するならどの言語がいいか?

  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • C系
  • アプリ系
  • Python、データ解析、統計処理系

転職を考えないのであれば一番最先端の技術に触れられる言語、また、欧米で注目を集め始めている言語を先取りして学習して進んだ人間になろうかと思いますが現実には日本ではスクール化されていないので不可能です。

大まかに言ってリストアップしたものがありますが、どれを選ぶかは今が安泰だからといってそれがいいとは言いません。

マニアックな言語は需要がないか?

といえば実はほそぼそと長く需要があったりします。

しかし、いきなり消える可能性もあります。

そういえば昔、actionscriptという言語を学習したのですがFalsh playerがセキュリティの問題が会ってYOUTUBEで利用されなくなってHTML5へと進んでいったため消えてしまたっといってもおかしくありません。

しかしこんなマニアックな技術でも動画配信のサーバー側の技術などはニッチですが知っている人が少ないので需要があるのです。

Flashに限らず動画配信のプログラミング技術はVODの普及を見れば必要とされている事がわかります。

大手テレビ会社がこぞってVODへシフトしようとしていますので予算もたくさんかけて大きなお金が動くビジネスチャンスのある市場です。

しかし、その後どうなるかはわかりません。

言語選びも人生の選択と言えます。

プログラミングスクールでPHP覚えてWeb制作会社でSEO対策を覚えればアフィリエイトで独立できる!?

Web制作をやっていた人はPHPで書かれたWordPressを使ってアフィリエイターとなって成功している人も少なくありません。

逆に在職中から副業で自分でサイトを作って思う存分、SEO対策を施していくことも可能です。

ですから、

『将来独立できるスキルおすすめNo.1はWeb系プログラミングのPHPだ!』

とは言いえません。これは軽い冗談だと流してください。

プログラミング言語を武器に会社に入ってビジネスのやり方を覚えてください。それが一番の経験になります。また、会社員としての経験を一通り終えるまでは勿体無いのでしっかり働きましょう。

それが将来のネタにもなるというものです。

また、PHPとHTMLとSEOやWebマーケティングの知識は身近で便利で必須のものなので知っていると心強いものです。

プログラミングスクールの講習は無料のものから始めるのがよい?

転職するのが最終目的であってもお金は払いたくない。

仕事がないんだからお金を使うことが出来ない。

ジレンマです。

できれば無料でできるものを試していくのがいいでしょう。また相談だけでもしてみるのもいいと思います。

実際には受講する前にちゃんと相談に行っていくつかを自分で比較して選んでください。

そうしないでいきなり1つに決めてこれってやると、間違った選択をするかもしれません。

プログラミングスクールで転職できるか?

働きながら次の仕事を見つけることが転職だとすれば、フルタイムで受講する形式しかないスクールは難しいと言えます。

社会人向けの転職保証のサービスといっているところがあればそれは転職ができそうですが、正社員として働いているなら同じ職種で転職するのが条件がいいわけです。

しかし、慢性的に給料が安い職種と比べればITエンジニアの報酬は魅力的でしょう。

それを考えるとステップアップと言えることもあります。

でも、少ない給与で貯めた貯金を使ってたくさんのお金をプログラミングスクールへ払うのはあまりおすすめでは無いかもしれません。

できれば、大手、人材紹介会社のIT職種部門がやっている無料のプログラミング、エンジニア育成講座を受けて仕事もついでに経験してください。

業務ができれば次の仕事もプログラマー、ITエンジニアとして見つけられます。

安いプログラミングスクールは悪い?高いところは?

一概に言えませんし、スクールの授業自体に価値がいくらあるかは分かりません。

非常に難しい問題です。

安くても本当にためになる新しい技術を教えてもらえれば10万円くらいならいいかなと思ってしまいます。

たとえば、AIとブロックチェーンを教えてくれるスクールがあったら行ってみたいと思う人は多いでしょう。

事実、それらのスクールも上記にあります。実際に受講していないので良し悪しについては言えませんが、若くて可能性のある人がそういうスクールへ行ったと面接でアピールすることはかなり有意義だと思います。

間違ってもビットコインのFXトレードで自動売買プログラムを作っていた!

などとは言わないほうが面接官の心象を悪くしないで済みます。

お金儲けが絡んでくると仕事をまじめにやるということと相反する行為のため、悪く見られてしまうという傾向があります。

でも、今需要が多いネット証券やその他の金融トレード会社のシステム担当は趣味は自動売買プログラムを作成することです。と言ったほうが心象がよくなります。

プログラミングスクールの学習講座の口コミ、評判はどうなっているか?

ネットでどのようなことをみなさんが調べているのか傾向を見てみました。

  • プログラミングスクール 無料
  • プログラミングスクール おすすめ
  • プログラミングスクール 比較
  • プログラミングスクール オンライン
  • プログラミングスクール 評判
  • プログラミングスクール 安い
  • プログラミングスクール 東京
  • プログラミングスクール python
  • プログラミングスクール 大阪

もう、今まで書いてきたことがそのまま浮き彫りになっている感じですね。

Pythonは人工知能、データ解析に特化した言語です。

あとは今まで書いてきた「無料」、「安い」、「評判」という安いものを探したいけど悪かったら嫌だという心理が垣間見えます。

大事なのはプログラミングスクールの場所!東京、大阪は充実!郊外ならオンラインもあり!

やはり座学で対面で授業を受けていましたというのとオンラインスクールです。というのでは面接官の心象が全く違います。

なぜか、この国ではオンラインスクール=どうせやったかどうか分からない、適当なこと言ってんだろう?

っていう感じになります。

でも、通学して卒業証明証をもらっていれば、やる気を買ってもらえます。

例としては何かの資格を取るために勉強をしていました。

という表現があります。当然、知識を持っていることになるはずなのですが、資格試験に落ちた場合は何もアピールできるものがありません。

勉強しました。とは書けますが受からなかったんだ!と突っ込まれます。

そういう点、スクールに通っていたという経験は「卒業=合格」なので、資格よりも安定しています。

それを踏まえて考えると、東京、大阪だけじゃありませんが、プログラミングスクールは本当にたくさんのところでやっています。

駅前の英会話を教えていたところがプログラミングスクールとかAIとか言い出したり、ホームセンターの一角のテナントにプログラミングスクールがあったりします。

また、IT系のきつい現場が嫌になりスクールの講師になる人も沢山います。

IT系の開発で働いていた人なら、誰でも講師くらいできるよというのが本音です。

その程度のことですから、スクール選びには「何か付加価値を求める!」ことがとても大切です。

ただ単にお金を払ってPHPを覚えておしまい!

というスクールでは3000円くらいしか払いたくありません。

いや、牛丼と同じくらいでいいでしょう。

他にもっと具体的な何かをできるようにする!

とか、最先端の技術を身につけるというのがないと駄目です。

そして、優良企業への就職が付いていればとてもいいです。

しかし、転職保証は「もろはの剣」のような気がします。いい企業へ入れればいいですが入れない場合どうすればいいのか?

困りますよね?とりあえず行ってお金を稼いで授業料だけは稼ぐぞといってやるべきなのですが、どうしても考えてしまいます。

でも、今一番紹介件数が多い大手のエージェント制人材紹介会社は「ブラック企業は紹介しません!」と言っています。ここまで言わないと誰も来ないということです。

企業として続けていきたければ待遇を改善していくことが必須となり、どこの企業もブラックじゃ無くなるような気がします。

プログラマーはきつい仕事の代表と言われますが、今ではそうやってすぐに「自分は働きすぎ!」という基準が広まってきましたから、以前ほど悪くもないようです。

定時上がり、休日もしっかり休めて有給も使える。納期前だけ忙しいけど、仕事は楽しいしやりがいがある!

そんな環境で働いている人も多いです。

また、ベンチャー企業への転職が多いのでやりがいは感じられることでしょう。

WEBCAMP PROより

プログラミングスクールは研修セミナーじゃない!本気の講習!

社会人になると「研修」という名のぬる~い授業もどきみたいなものがあります。会社が沢山お金を払っているので講師は厳しく言ってくることはありません。お客様扱いです。

なぜか、大学まではお金を払っているのに怒られます。

不思議なことです。

しかし、怒られないまでもノルマを達成できないと次へ進めないくらいの条件がないとちゃんと学習しない人も出てきます。会社員にとって研修は仕事で疲れた心を休める日という位置づけになっています。

そういったものとは違います。ちゃんと真面目に学習するスクールがプログラミングスクールです。

『プログラミングスクール』に関するニュース!

This post was last modified on November 11, 2018, 6:04 am

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.