『仕事探しは以下の転職サイトからどうぞ!』【仕事が少ない日本で検索サイトだけが増えても意味がない!?】

おそらく、仕事が増えつつある状況で人が膨大な求人情報手に入れることができないのなら、求人、転職サイトやGoogle for jobsのような仕事の検索機能は効果があるでしょう。

会社員、とくにオフィスワーカー、事務職の仕事が本当に人が足りなくて人が欲しいというときには意味があるでしょう。

そういうときはAdsenseに片っ端から表示させるようにすればいいと思います。

ただし、今の日本は仕事が少ない。(一部の業種は足りなくて一部の業種は求職者が多すぎる)

これを見落とすと求人転職サイトが閑散としたものになっていくことと思われます。

世界的に見れば人口は爆発的に増えていますし、アメリカなども良かったからGoogle for jobsやIndeedなどは成功を収めていくかもしれませんが、日本ではどうでしょうか?

既存の転職サイトだって求人(仕事)の奪い合いです。

転職できる優良な人材(求職者)はごくわずかです。

そんなとてつもない競争倍率の中で転職を成功させて仕事を紹介して契約させるのはとてもむずかしいことだと分かります。

アルバイトなら簡単?

正社員よりは簡単ですが以前の日本のアルバイトよりはずっとちゃんとした契約や労働環境の整備が必要になりました。

そのため、「安易に採用できないし、辞めることもできなくなった。」

という感じで、雇用の流動性が失われていっているのです。

そこで検索エンジンだけ投入されても何ら状況は変わらないと言えます。

Indeedはほぼ検索エンジンですがバックには専門家のリクルートという転職のプロが付いています。

Google for jobsは何も転職の専門家が付いていません。

そして、通常の検索をしているときにも強制的に表示されるというただ単に邪魔なものという位置づけになることは必至です。

Indeedの方がそのサイトに行かないと出てきませんので良いと思います。

Adsenseの広告のようにずっと表示されると閲覧者がものすごく疲れてしまい不快に感じます。そうなると、広告を載せるメリットをデメリットが上回ってしまいます。

求人は求人広告といわれているように広告です。

あまり、うっとおしさを感じさせてはいけないと思います。

仕事とは結局のところ、専門性だと思います。

専門性を軸にして仕事を探していくのがいいのではないかと思います。

This post was last modified on February 8, 2019, 4:58 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方サプリ!』

本サイトの情報には古い情報や記載漏れなどが含まれる場合もあります。お申し込み、ご購入する前には公式サイトの「プライバシーポリシー」や「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.