『女性の仕事の探し方、求人、転職サイト』<おすすめは上から順番に!>

『女性の仕事の探し方、求人、転職サイト』<おすすめは上から順番に!>

女性だからといって男性と違う仕事の探し方をすることは無いと思います。女性限定の職種であればその職種用の求人情報サイトを見るくらいですが、基本的に全く同じように見ていいと思います。

ただし、求人情報サイトの写真で男性しか写っていない場合は、求めている人材が男性だけだという可能性もありますのでそのサイトで探すのは時間の無駄かもしれません。

法律で男女を条件にして募集をかけたりすることは制限されているのであまり明記されることはありません。

また、女性の求人が90%で男性の求人が10%のような求人情報サイトではどのように書けばよいのかわからなくなってしまいます。

そのようなときはイメージとして写真に写っている働いている人の男女比をそれとなく配分していると思います。

男女比が同じくらいであれば、同じ人数だけ写っているはずです。人材紹介会社も損をしたくありませんのでちゃんと求められているだけの人材を集めたいはずです。

ただ、何もしなくても男性は応募してくるので女性の応募者を増やしたいので女性の写真を8割くらいに増やしているという場合はあるでしょう。

派遣と正社員求人とエージェントの紹介どれを選べばいいのか?

雇用形態、職種ごとに求人情報サイトから選んで応募するこことができますが、普通は条件がいい雇用契約を結びたいものです。

たとえば、

「自分はエージェントなんて紹介してもらえないかもしれない?」

などと最初から諦めて応募しなかったり、

「どうせ倍率が高くて受からないだろう。」

といって応募しないことは人生で一度きりのチャンスを逃すことになってしまいます。

他のことは取り返せることもありますが仕事は一度きりのチャンスだと考えたほうがいいです。

そのためいい条件の求人を見つけたらとりあえず応募するというのが鉄則です。

しかし、みんながそう考えているのでやはり倍率がとても高くなってしまいます。

これでは担当者が振り分けるのに時間がかかって仕事の効率が悪くなってしまいます。

また、もしもみんながエージェントへ申し込んで面談するとなると、面談するコンサルタントの予定が何ヶ月も埋まってしまうことでしょう。

こういうことでは仕事になりませんので、可能性がほとんどない応募者には対応しないような仕組みを用いているはずです。

たとえば、エージェントに面談を申し込んでも自分の条件がマッチしそうな求人がない場合は面談を断られてしまいます。

また、応募者が殺到したら嫌な企業は求人が申し込めないようにしたり、見えないようにしています。

そのようなことがあるので、

「いい求人を見つけたらとりあえず申し込んでみる!」のが良いといえると思います。

これは体力的にも精神的にも大変です。長期間やっていると相当疲れてしまいますが、期間を決めて集中してやってみることがいいと思います。

応募する順番としては条件がいい求人から申し込みます。

  1. エージェントの非公開求人
  2. 公開されている正社員の求人
  3. 派遣会社の求人
  4. アルバイトの求人

やはり待遇面から考えてこの順番で申し込むのがいいと思います。

これでどこか受かった所で働くということで一番、待遇がいい条件の仕事を得ることができるでしょう。

もちろん、順番が前後して上手くいかないこともあります。また派遣社員とアルバイトで本当にどちらがいい待遇と言えるのかわからない場合もあります。

女性の場合という条件で書きましたが、あまり特別なことはないのですが、男性の場合は個人的には若干違うところがあると思います。

それは、オフィスワークの事務職としての仕事の豊富さが男性とは違うということです。もし男性だったら、上記のような順番で応募すればいいとはならないと思います。

1や2で受からなかった場合、職種をチェンジしないと駄目だと思います。そのために面倒な回り道をすることになるかもしれません。

This post was last modified on November 14, 2018, 10:02 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.