『既卒、第二新卒の仕事の探し方、求人、転職サイト』【求人は多い!】

『既卒、第二新卒の仕事の探し方、求人、転職サイト』【求人は多い!】

「既卒」、「第二新卒」とはおかしな言葉です。

なんだかからかわれているようで腹が立つ人も居るかも知れません。

「なんで第二?」

「転職じゃないの?」

ということになります。

「中途入社」という言葉もおかしな言葉です。

途中で入社するっていう意味ですから。新品しか受け付けていませんという意味なのでしょうか?

いずれそういう古い考え方の企業は淘汰される日が来ると思います。まずは海外企業に勝てなくなり、いずれ日本国内でも外資系企業が独占するようになって民間企業は真っ先に淘汰されるでしょう。

しかし、国の中心はいつまでもそういうやり方に固執して変えさせないような力が働いているものです。

当面は流れに身を任せることにしましょう。

第二新卒向けの求人情報サイトがある!

本当は企業は若い人を採用したいのです。

新卒募集で人が集まらなかったけど第二新卒の人が居たらいいなと思っている企業も多くあります。

また、最初の企業とのマッチングが上手くいかなかっただけで、会社員生活に少し慣れた人がすぐに採用できることは強みです。

とくに中小企業は新人研修で「社会人のマナー」などという勿体無いことに費用を使うよりは一度会社に入ったことがある若い人を求めている傾向があります。

実務経験がほとんどないといっても、日本ではそんなに新しいものを作り出すということもなく大部分が既存のビジネスの再利用や、外部の業務委託会社に発注する仕組みになっていますから、それほど問題でないのかもしれません。

会社員として少し慣れていることの方が重宝されるのだと思います。

また、IT系の中小企業では最初の会社をすぐに辞めたことなどはほとんど気にされることもありません。

第二新卒向けのプログラミング学習と就職保証が付いたサービスがある!

有料のプログラミングスクールでは、就職保証があるところは就職できなければ授業料を返金しますとか、紹介先企業に就職すれば授業料を返金してくれますという条件のところがあります。

また、転職支援サイトでは無料で簡単なプログラミング講座を受けることができるところがあります。

最新のプログラミング言語などは需要はあっても学習する場所がないのでAI関連のプログラミングスクールは人気があるようです。

純粋なプログラミングスクールで就職先の紹介などは行っていないところも沢山あります。

仕事なんて現場で覚えるものですのでプログラミング以外では就職支援系の民間のスクールはほとんどありません。

営業職ならすぐに通常の転職サイトや第二新卒向けのサイトで再就職するのがいいと思います。

また、ハローワークの職業訓練を利用するのもいいかもしれません。

This post was last modified on November 14, 2018, 10:02 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.