『転職は探し方が分からないと失敗する!』<成功させたいなら疑うな!>求人、転職サイト

『転職は探し方が分からないと失敗する!』<成功させたいなら疑うな!>求人、転職サイト

転職には以下のにあるような転職エージェントか公開求人サイトを使うと思います。

転職の探し方

転職とは一体どのようなことなのでしょう?

「転職」という語は、職業を変えること、と説明されることも多い。

ただし、現在の日本では、一般的には、正規雇用の被雇用者がこれまでの雇用契約を解消し、別の雇用主と新たな雇用契約を結び雇用されることを指す。 つまり必ずしも職種を変更することは意味しない。むしろ、職種は変更せず雇用主だけを変更することを意味することも多い。

「転職」の語で、独立や開業、すなわち自営業を始めることなどを含めることもある。

Wikipediaより

ようするに「正社員から正社員の仕事へ勤務する会社を変えること」であるように見えます。

では、非正規と言われてしまう雇用形態は転職ではないのか?

たしかにそうかもしれません。

派遣社員は契約の途中で仕事を変えることは基本的に問題となってしまうのでできないはずです。

有期雇用契約の場合は契約を更新するかしないかということになっています。

アルバイトのような待遇で2ヶ月ごとに契約更新するフルタイムのオフィスの仕事もあります。

これでは社会保険も払う立場になっているのに2ヶ月ごとにいきなり仕事がなくなるリスクがあるというのです。

仕事を見つけるのにどれだけの期間がかかるのかと考えると非常に恐ろしいことですが、契約が更新されなかったとして次の仕事を見つける場合は転職とは言わずに求職といっています。

つまり正社員が働きながら次の仕事を見つけることを転職と言っていいと思います。

今の会社に見切りを付けて転職活動を始める人が多いのではないでしょうか?

転職するときの仕事の探し方に「コツ」はあるか?

コツは「今の会社を辞めたい理由」をなんと言うかです。

『今の会社の上司が本当にしつこくてもう精神的にまいってしまったんです。。。』

という理由がほとんどの転職のケースの本当の理由らしいです。

実際に会社の経営が危なくなりそうだからといって転職する人はいないってことですね。

会社が倒産しようとも給与が減額されようとも上司がいい上司だったら従業員は辞めません。

ということを証明しているようです。

また、次に多いのは病気をして休職していたから辞めて次の会社に転職するというケースです。

今の会社に在籍しているうちに転職するというケースです。

こんなことをしている力があるなら休職する必要はないだろう?と思われそうですが、会社の上司が嫌で精神的にまいってメンタル的な疾患の場合はありえます。

結局、どちらのケースも上司によるメンタルの問題が理由です。

こんなこと統計を取れば確実にわかると思うのですが、人材紹介会社は「いい人材を見つけてきました!」と言って企業に紹介するのでしょうか?

では、会社を辞める人は何らかのトラブルを抱えていてリスクがあるから紹介するのは辞めておこうなんていう判断に至ると思いますか?

やはり、自分は上司とトラブっていた!病気だった!というと紹介制エージェントの場合は絶対に優良求人を紹介してくれません。

紹介しても問題のないオープンな求人案件を紹介してくれるでしょう。

でもそこで「公開求人かよ。。これは駄目だな。」と諦めてはいけないんですね。

公開求人かどうかはもらった求人票を会社名と職種と仕事内容を検索すればすぐ分かります。

会社のHPで募集していることもあります。調べていくうちに絶対分かりますよね?

これでエージェントのコンサルタントから「どうですか?いい求人ありましたか?」と聞かれます。

でも、これって公開されているから前から知ってたとか、他のエージェントでも紹介されたとか、直接受けてもいいんですか?と言いたくなりますよね?

最初はなんの冗談のつもりなのかと笑ってしまいそうになりましたが、実はそれが最後のチャンスだったのです。

あなたには何らかの問題があるからオープン求人しか紹介できないけど、やる気があるなら応募してくれるでしょう。もし応募してくれたらこちらも企業にこの人はいいですよ!やる気がありますよ!って一文付けて紹介してくれる可能性があったわけです。

一般応募で沢山受けるのもいいですが、競争が厳しく何の後ろ盾もない状態で応募しても初期の選別で切り捨てられてしまいます。

企業は100万円以上から数百万円という紹介料をエージェントに支払うのにそれを節約するために一般応募の人をあえて採用するかというとそれはないと思います。

経費削減といわれても、いい人がいれば採用したいと考えます。

なぜなら、紹介料といってもたかが知れているからです。

たとえば年収の30%だとしましょう。

それでも4カ月分の給与で済むわけです。会社として見ればその人に払う給与が20万円だったとしてもその人を1ヶ月雇用しているためにかかる経費は2倍の40万円以上になるといわれています。

もっといえば、大企業だと100万円/月にかかるのは普通で、180万円/月以上なんていう経費がかかっている企業もあります。

経費が2倍だと考えたら、会社から見たら年間の人件費のたったの15%に過ぎません。

この費用を節約したとしても、人選ミスで会社の業務の効率が落ちたりして損害が出たらすぐにマイナスになってしまいます。

また、職場環境に適応できない人や会社員に向いていない人を採用してしまって、すぐに辞めてしまったらその人に仕事を教えた時間と次の人を見つけてくるまでの時間がかかってしまいそれ以上の損失となってしまいます。

つまりは人選ミスをしないで済むなら年収の30%くらい安いもんだといえることが分かるかと思います。

そういうわけなので、どんどんエージェント経由でもオープン求人、他でも公開されている求人にエントリーしましょう!

これだけで転職の勝負には半分勝ったようなものです。

多分、ほとんどの人がオープン求人だと受けないと思います。調べない、かんぐらない人だけが応募していい思いをするわけです。

女性のための転職サイトとかあるけど探し方は違うの?

まず、「女性のための転職サイト」とあえて言っているわけですから、人材を女性という性別のフィルターにかけたいという紹介会社の意図があるわけですが、その方が利益がでるからやっているわけです。

会社ですからそういう考えでいいと思います。

もし、自分が人材紹介会社を立ち上げて少数精鋭で立ち上げていこうとしたらどういう人を紹介するのがリスクが少なく確実に売上を伸ばしていけるか考えてみてください!

以下のような人は採用するのには、思わず二の足を踏んでしまいたくなります。

2ch(5ch)に毎日張り付いているような人は採用されない!

前述の話で、疑り深い人や勘ぐり深い人は転職において損をする傾向があるようです。

2chを毎日見ている人は必ず、オープン求人であるということには気が付きますし、会社の実情にも気が付きます。

そして小さすぎることまで気にしてしまいます。

それは2chでおおげさに一人の人が1つの部署で経験したことが書いてあるのにそれが会社全体のことかのように書かれていることです。

逆にちゃんと2chを1度は調べないといけません。会社全体に関わることであればそれは重要な参考情報になります。

会社では研修でこんなひどいことをやらされるんだよ!

という情報があればそれだけで、判断が付くことでしょう。

ですから、最低限のチェックだけは2ch(5ch)で行うのは良いとしても毎日張り付いて見ているのは自分の転職を失敗させるだけです。

2chを毎日見ている人はハローワークの仕事も見つけにくくなってしまう!

ハローワークの求人には古いものも問題のあるものもあります。無料ですのでなんでもありという感じです。企業側が募集しているのにそれを断ることも強気にはでれません。公共ですから企業に対しても公平であるべきだからでしょう。

おそらく、2chをよくチェックしていると、ほとんどが問題ありの求人なんじゃないかと思えてきてしまうことでしょう。

だからといって見ない訳にはいかない。まともな求人があれば人気殺到すぐに募集終了します。

そういう案件を得るためにわざわざ朝早くハローワークに行くのも2chの考え方でいえばいけてないものとなるのかもしれません。

ではどうすればいいんでしょう?

運良くいい会社にだけ応募して受かることが大事です。

内定するまでに問題がないかを見極めることが必要です。問題があれば他へ就職するという感じです。

つまり、ハローワーク以外に民間の人材紹介会社を利用するということです。

そうなったら電話にしても連絡が速い民間の人材紹介会社のほうが採用へつながる確率がいいわけです。また、人材紹介会社の仕事を奪うことが公共の職業安定所のすることか?

という疑問もあります。

ハローワークが頑張りすぎて人材紹介会社の人が仕事がないといって殺到してきたらどうするんでしょうか?

ということも考えてしまいます。

そうです。つまりはそういうことなのだと思います。

民間と競合しない職種、年齢の仕事を探す人がうまくハローワークを利用するのが最高に効率がいいのです。

民間の人材紹介会社が仕事を紹介してくれるような人はまよわず、そちらで決めてしまうのが良い選択だと思います。

つまり、2chを見ている人口割合が男性ばかりだから女性の求職者を求めている!

ということが見えてきました。

結局、

あまり疑うな!

あまり調べるな!

それでいいのでしょうか?

でも、ま騙されるのも人のためになると考えればまあそれも会社に貢献してくれるいい人材といえるのでしょう。

そうまとめるしかありません。

でも、だいたいこういう考えに近い気がします。

*人によって解釈は色々ありますので1つの参考意見としてお考えください。

This post was last modified on November 14, 2018, 10:02 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.