*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【日本語教師になる方法は?】主婦、女性におすすめの日本語教師養成講座スクール、教材ランキング!口コミ、評判は? – 仕事のエステクリニック

おすすめの人気ランキング 主婦におすすめの資格 女性におすすめの資格 女性向け 日本語教師になる方法 日本語教師養成講座 求人数

【日本語教師になる方法は?】主婦、女性におすすめの日本語教師養成講座スクール、教材ランキング!口コミ、評判は?

【日本語教師になる方法は?】主婦、女性におすすめの日本語教師養成講座スクール、教材ランキング!口コミ、評判は?

 

日本語教師になる方法は?

 

  • 大学や大学院で日本語教育を専攻する
  • 「日本語教育能力検定試験」に合格する
  • 資格スクールの日本語教師養成講座に通う

 

などの方法があります。教員免許は必要ありません。

 

世界から日本に働く人がたくさん来ます。今働いている外国の方も長期間日本に住むことになります。

日本で働く外国の方は増えていく一方です。

職場で円滑なコミュニケーションを行うために日本語会話能力や読み書きの能力が求められてきます。

日常会話程度ができる人が日本に働きに来ることができます。しかし、仕事での細かい作業指示やニュアンスを伝えるのはとても大変だと思います。

何より日本と世界とでは異なる商慣習があります。それを考えるとできる限り素早く日本語や日本での働き方を教える人材を求めている企業が多くなってくると考えられます。

そのようなこともあって、「日本語教師」が主婦に人気の仕事となっています。

すでに働いている会社でスクールで学習するように言われるかもしれませんし、本格的に学習した人を採用したいという企業もあるかもしれません。

また、日本における日本語教育スクールがたくさん増えることでしょう。

そこで働くことも考えられます。今後、日本はスクールがたくさん増えていきそうですので講師とう仕事に慣れておくのもいいでしょう。

 

日本語教育能力検定試験とは?

 

日本語教育能力検定試験 

日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。

日本国際教育支援協会より)

 

公益財団法人日本国際教育支援協会が主催し公益社団法人日本語教育学会が認定している日本語教育を行う専門家として基礎的水準に達しているかを検定する試験です。

この試験に合格するために勉強をするという方法もあります。

 

 

主婦、女性におすすめの日本語教師養成講座スクール、教材ランキング!

 

No.1 日本語教師養成講座(ユーキャン)

 

ユーキャンの日本語教師養成講座

日本語を教える教師になるには教員免許は不要ですので資格スクールの養成講座を受講して日本語を教えるという方法が一番早いと思います。

 

No.2 たのまな(ヒューマンアカデミー)

たのまな(ヒューマンアカデミー)

資格スクールの「ヒューマンアカデミー」の通信講座の教材販売サイトです。独学になりますが通学するスタイルに比べて数分の1の費用となります。

 

No.3 日本語教師養成総合講座(ヒューマンアカデミー)

日本語教師養成総合講座(ヒューマンアカデミー)

資格スクールのヒューマンアカデミーの通学するタイプの講座です。給付金の対象となっていますので条件を満たせば10万円が支給されます。「420時間カリキュラム」対応の文化庁届出受理講座です。

受講料:530,000円(税抜き)

期間:1年間

 

日本語教師養成講座の口コミ、評判は?

日本語教師養成講座のどのようなことを気にしている人が多いのか調べてみました。

  • 日本語教師養成講座420時間 通信
  • 日本語教師養成講座420時間 海外
  • 日本語教師養成講座 東京中央日本語学院
  • 日本語教師養成講座 文化庁
  • 日本語教師養成講座420時間
  • 日本語教師養成講座 安い
  • 日本語教師養成講座 費用
  • 日本語教師養成講座 比較
  • 日本語教師養成講座 大学
  • 日本語教師養成講座 3ヶ月
  • 日本語教師養成講座 夜間
  • 日本語教師養成講座 英語
  • 日本語教師養成講座 横浜
  • 日本語教師養成講座 口コミ
  • 日本語教師養成講座 ヒューマンアカデミー
  • 日本語教師養成講座 アルク
  • 日本語教師養成講座 アーク
  • 日本語教師養成講座 アメリカ
  • 日本語教師養成講座 アルファ
  • 日本語教師養成講座 ブリスベン
  • 日本語教師養成講座 ブログ
  • 文化庁受理 日本語教師養成講座
  • 日本語教師養成講座 中古
  • 日本語教師養成講座 土日
  • 日本語教師養成講座 どこがいい
  • 日本語教師養成講座 独学
  • 日本語教師養成講座 dvd
  • 日本語教師養成講座 大学生
  • 日本語教師養成講座 大学院
  • 日本語教師養成講座 土曜日
  • 日本語教師養成講座 動画
  • 日本語教師養成講座 通信 大学
  • ヒューマンアカデミー 日本語教師養成講座 dvd
  • 日本語教師養成講座 eラーニング
  • 日本語教師養成講座 ecc
  • 日本語教師養成講座 福岡 職業訓練
  • 日本語教師養成講座 学校
  • 日本語教師養成講座 外国人
  • 日本語教師養成講座 学費
  • 日本語教師養成講座 語彙

 

「420時間」について調べている人が居ます。文化庁届出受理講座となっているものです。日本語教師の募集求人において、日本語教師養成講座「420時間コース」を修了もしくは「日本語教育能力検定試験」に合格していることが応募条件となっているものが多くなっています。

確実に日本語教師として転職したい場合は「420時間コース」を受講しておく方が良さそうです。

そうなってくると「費用」「安い」ということが気になってきます。給付金が支給されるので最大で10万円安くなるといっても50万円以上するようなもので1年間の期間がかかります。

「土日」、「土曜日」に受講できないか、働きながら通学できないか考える人が居るのも納得です。こういうことなら大学で専攻しておいた方が良かったかなと思う人も多いでしょう。

会社に入ってからの1年間はかなり長いと思います。費用と時間を節約する場合は「独学」となります。教材と「日本語教育能力検定試験」の受験費用でおよそ5万円程度と安くなっています。主婦の方で時間がある方は受からない可能性もありますが独学というのも1つの手だと思います。

 

 

日本語教師の求人はどれくらいある?

Indeed(インディード)が求人件数が一番多いのでそこで「日本語教師」というキーワードで全国の求人を検索してみたところ、1,300件以上の求人が見つかりました。

これが多いか少ないかは考え方次第ですが、英語教師が12,000件以上見つかりましたので英語教師のおよそ10分の1の求人数といったところです。

英語の義務教育化で英語は日本では全員が学習するものとして考えると、海外から働きに来る外国人の数に比べるといかに足りていないかが分かるかと思います。

たとえば、英語を学習するべき人口は数千万人居るのに対し、外国から働きに来る人は数十万人という数です。これは100分の1と少ないのですが、求められている日本語教師の数は10分の1となっています。

日本語が分かる人は大勢いるのに日本語教師の仕事を行える資格を満たしている人が少ないのが現状です。今後はもっと外国人が増えますので日本語教師のニーズが多くなることでしょう。

関連するページ

【仕事の探し方-主婦や女性の方に】人気の総務の転職サイトは?
【仕事の探し方】主婦、女性におすすめの工場の転職サイト、転職アプリランキング!口コミ、評判は?【給与...
【選び方、探し方-主婦や女性の方に】人気の肩こり、腰痛マットレスは?【原因は?痛くなる?腰痛に良い?...
CRCJOB
ジョブデポ看護師の口コミ、評判は?
【転職サイトでES書く時に困るのは自分】『昔居た会社のリアルをネットで暴露するのは辞めたほうが身のた...
子供の学習のためにおすすめのノートPCは?MacBook Air?MacBook Pro?MateB...
ワークポート WORKPORTの口コミ、評判は?【採用数No.1の転職サイト!女性、総合的な職種にお...
【主婦、女性の仕事の探し方】転職サイトおすすめランキング!口コミ、評判は?【正社員の仕事の探し方は?...
<アメリカの新卒初任給・平均年収は日本の2倍?>『大卒女性に断然おすすめの仕事探しの方、求人、転職サ...
医療ワーカーの口コミ、評判は?
【主婦、女性の仕事の探し方】人気の転職エージェントは?
ナース人材バンクの口コミ、評判は?
『腰痛にいいマットレスとは?』【寝ていると腰が痛くなってしまうマットレスもある!おすすめできない?】
主婦、女性におすすめな専門的な仕事の転職サイト