転職サイトおすすめランキング!全サイトから転職タイプ別にセレクト!仕事の探し方!

『転職サイトおすすめランキング!』【非公開求人、オープン求人、仕事の探し方】女性、男性、20代、30代、40代、50代、60代】<アルバイト、パート、派遣、主婦、ニート、正社員、第二新卒、既卒、ハローワーク以外、わからない!>

効率的な転職サイトとは?

転職サイトは業界、職種により探し方が全く異なります。それぞれの業種ごとに適切な仕事の探し方で仕事を探すことが大事です。

日本では同じ業種の仕事を生涯続けていくことが多かったのですが、最近では年を重ねてから別の業種の仕事を探さなければならないという事も珍しくなくなりました。

出来る限りスムーズに次の仕事を見つけるためには、自分にマッチしている仕事の中でなるべく条件の良い仕事を探すことが重要です。

仕事探しには悩み事が山のようにあります。

  1. やりたい仕事がない!
  2. 仕事が見つからない!
  3. 仕事の探し方がわからない!
  4. ハローワークに行くべきか行かないべきか?
  5. 派遣でいくのか正社員の仕事を探すのか?
  6. アルバイトが見つからない!
  7. ニートから抜け出せない!
  8. 第二新卒が会社生活への復帰する方法!
  9. ヘッドハンティングで年収アップ?
  10. 中高年の仕事の探し方
  11. 40代の仕事が見つからない!
  12. 30代の転職がうまくいかない!
  13. 外国から若い働き手が沢山やってくる!

特に気になるのがハローワークの有効求人倍率や外国から若い働き手が入ってくることでしょう。

ハローワークでは有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍となっているそうです。

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表しています。平成30年8月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍となり、前月と同水準となりました。

(「一般職業紹介状況(平成30年8月分)について」厚生労働省より)

つまり、求職者よりも仕事の方が多いといえる状況のようです。しかしながら、そう簡単な話ではないようです。

転職サイトタイプ別おすすめランキング!

効率の良い仕事の探し方はタイプを理解して探すこと!

タイプ1
転職サイト【エージェント】

正社員の転職!オフィスワークで転職を成功させたい人に1番おすすめです。

公開求人系のサイトに押されて以前よりも減っていますが、ワークポートなどの紹介会社が数多くの紹介を手がけてがんばっていますので良い仕事を得ることができる人が増えています。

秘密的なイメージはなくなり公開求人も含めて紹介していく紹介会社がほとんどです。

タイプ2
正社員のオープン求人の転職サイト

今一番求人数が多い正社員の求人情報はこの公開系の求人サイトです。

これは社名が公開されていて誰でも応募することができることが利点となっています。

ただし、人気の求人だけ競争倍率が非常に高くなる傾向がありますので応募者が多いかどうか考えながらエントリーした方が良さそうです。

タイプ3
派遣の求人サイト

オフィスワークの事務職やテレフォンオペレーターなどの職種では派遣会社の仕事が多いです。

今では大型家電量販店の店舗販売職も派遣社員が業務を行っていることがあります。

工場の仕事や倉庫内作業、引っ越しなどの軽作業の仕事も派遣会社が非常に多くなっています。あらゆる職種に派遣会社が進出しています。

タイプ4
薬剤師、看護師、医師、介護士、専門的な仕事の転職サイト

国家資格を持っている人は転職に強いです。特に医療系の国家資格は他の資格に比較して求人数が多くなっています。

専門技術や運転免許の資格も学校を卒業する必要があるものなどは取得に手間がかかるので求人が多い傾向にあります。

医療系の資格は若いうちに学校を選択して長期間学習する必要があるため、中年になってから取得するのは難しいものです。また、勤務の大変さと責任の重さもあって続けられない人も居ることが求人数が多い理由です。

タイプ5
アルバイトの求人サイト
アルバイトは待遇面では優遇されていないですが、仕事を見つけるきっかけとしては一番選択肢が広い働き方です。

正社員としては採用されない場合でもアルバイトなら雇ってもらえることがあります。また、未経験でもアルバイトから始めることができる仕事も数多くあります。

本当の意味で自分がその仕事や会社に合うかを試しながら働ける方法だとも言えます。また、主婦、学生、副業、パートなど多様な働き方にも対応できる一番便利なコンビニエンスストアのような働き方といえます。

厚生年金に加入するようなフルタイム勤務のアルバイトもあります。

仕事の探し方がわからない!

仕事の探し方や「自分がやりたい仕事」はおそらく誰もが分からないと思います。

労働とは何をしていても最終的な目的は報酬を貰うことです。どの仕事をしたらいいかと探す方法なんて考えても分かるものではありません。

極端なことを言ってしまうと、お金を稼ぐ目的は納税のためです。

ですので分からなくても心配しなくていいと思います。

やりたい仕事が見つからない!

こんなこと言ったら贅沢を言うなとだいたい若者が大人に怒られています。

いい年した大人がこんなこと言ったら誰からも相手にされなくなります。

しかし、こんなことを言うのは贅沢で言っているわけじゃないのです。

人間が本当に悩んで分からない時は感覚がおかしくなって場違いな発言をしてしまうことがあります。

『これは本当に分からなくて困り果てた人がいう言葉』です。

自分がもしそう呟いたなら、それは自分が困っているのです。自分を助けてあげましょう。

つまり誰かに相談して助けを求めたり情報を増やしてから考えるようにして、これ以上自分で考えて自分自信を困らせないであげてください。

転職エージェントのコンサルタントでも派遣の面談でもハローワークの相談員でもいいですので誰かに相談してみてください。

1.転職サイトエージェントおすすめランキング!

エージェント制の転職サイトのおすすめランキングです。

いまだに一般公開されない求人情報は数多く存在します。仕事の募集よりも仕事を探している人が多いから応募殺到してしまうのが嫌で募集企業は人材紹介業者を利用して人を探しています。

実際は必ずしもそういうことはなくなっていて、エージェント制の人材紹介会社でも公開求人は数多く存在していて、公開求人に紹介状を付けてもらって上手く入社できたという例もあります。エージェントが公開求人しか紹介してくれなかったとしても、ひねくれずに応募すると一般応募するよりも内定が決まる確率が上がるのかもしれません。

これはエージェントの考えていることが分からないことで損をしてしまうパターンです。本当に紹介会社には色々な評判がありますが、やはり基本的には助けてもらえることが多いのが実際のところです。雇用形態に関わらず、人材紹介会社は求職者に最もあった長続きする仕事を紹介したいと考えていますので最終的には同じゴールを目指しているわけです。

また、中にはキャリアプランとしては間違った方向に進んでいる向こう見ずな若者に対して忠告をしてくれるコンサルタントもいます。得てしてそれが善意だったと気付くのはずっと後になってからのことで、既に手遅れとなっている場合が多いものです。

下手に考えすぎて疑い深くなって不信感をあらわにしたりしない方が得策です。これは雇用形態に関係なく言えることですが人を疑っていては良い印象を与えることはできませんので注意した方がいいと思います。エージェントにとっては数いる求職者のうちの一人なので上手く行かなくても問題ありませんが、求職者である自分にとっては貴重な一度きりのチャンスなので気をつけて下さい。

私も最初の数社のエージェントのコンサルタントとの面談でエージェント不信に陥ってしまってその後もエージェントとの面談では上手く行かず、自分で企業を探すということにならざる得ませんでした。条件として最も良い求人があったのはエージェントが紹介したものでした。こういう後悔は人生の糧としては役立つかもしれませんが、できれば条件の良い企業へ入社したいものです。

また、自分の学歴を気にして転職エージェントに応募しないということはせずに、自分が経験してきた職種の仕事が転職エージェントのサイトの公開求人に似たものがあるかどうかで判断するべきだと思います。受けて駄目だったら諦めればいいことです。公開求人に応募することは自由です。

第1位 ワークポート(WORKPORT)

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 5
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 3
  • 『ワークポート(WORKPORT)』
  • 運営会社:株式会社WORKPORT
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~(オフィスワーカー向け、幅広い層に)
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。
  • 解説:採用実績数がNo.1を記録したそうです。規模は老舗の大手エージェント会社と比べると小さな方なので、ここは内定し就職する確率が高いのかもしれません。。。マッチする求人が無い場合は公開求人を提示されるだけのこともありますが、その求人にも応募することをオススメします。。

第2位 DODA

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 3
  • 『DODA』
  • 運営会社:パーソルキャリア株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。
  • 解説:インテリジェンスから社名変更しました。エージェント紹介サービスだけにとらわれず多様な人材紹介事業を展開しています。業種、雇用形態ごとにサービスを展開していますので自分にあったものを利用できると思います。

第3位 マイナビエージェント

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
2 3
  • 『マイナビエージェント』
  • 運営会社:株式会社 マイナビ
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層(20代~30代)
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。オープン求人以外の案件を紹介してもらえない場合も多々あります。
  • 解説:特に若年層に特化した転職エージェントサービスと言えます。30代も前半までがメインターゲットであると思われます。

第4位 リクルートエージェント

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 5
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 4
  • 『リクルートエージェント』
  • 運営会社:株式会社リクルートキャリア
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層(離職している期間が短い方が有利。理想は半年以内。30代前半までは案件多く、それ以降はポジションが限られてくる。)
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。オープン求人以外の案件を紹介してもらえない場合もよくあります。
  • 解説:大手リクルートの転職エージェントサービスです。非公開求人をマッチングした人だけに提供しています。そのため、マッチする条件が厳しく求人案件を紹介されないことも多いのですが、紹介してもらえた場合のメリットは非常に大きく挑戦してみる価値は十分にあります。

第5位 BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 2
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 5
  • 『BIZREACH(ビズリーチ)』
  • 運営会社:株式会社ビズリーチ
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層(オフィスワーカー経験者向け、経歴に自信がある方に)
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。
  • 解説:管理職やハイクラスな求人を扱う転職支援サービスです。本記事記載時点で、会員数8万人、求人数6000件弱あり、ヘッドハンターといわれる人が500人以上いるそうです。

第6位 パソナキャリア

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
3 4
  • 『パソナキャリア』
  • 運営会社:株式会社パソナ
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層(40代まで)《関東(多い)、関西、東海地方》
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。
  • 解説:女性の転職活動を積極的に支援しています。40代までの求人情報を扱っていますがやはり30代前半までの求人が多いようです。サービスを増やして展開しているので、この会社のグループを利用する機会は多いかと思います。少し変わった人材紹介サービスも手がけています。

第7位 ミドルの転職

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 5
  • 『ミドルの転職』
  • 運営会社:エン・ジャパン株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層~(ハイスペックなオフィスワーカー向け)
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:原則として求人は非公開。コンサルタントの面談後、求人案件を紹介される。
  • 解説:中年層をターゲットにした転職エージェントサービスです。エン転職は公開系求人情報サイトですが、こちらは非公開系のサービスと言えます。『年収1000万クラスのプロフェッショナル求人コーナー』という特集が組まれたりしています。

年収の高い求人の探し方

どうして自分だけ周りの同じ業界の同じ年齢の人より年収が低いのだろう?そういう不満を持つ人は非常に多いと思います。

何もハイクラスといって1,000万円以上の年収を目指すというわけでないとしても、今よりも100万円、200万円年収がアップすればどれだけいいかと考えるところです。

年収の高い仕事の探し方ではそのあたりについて書いています。

2.転職サイトオープン求人おすすめランキング!

転職ブーム初期はエージェントサービスが全盛だったのですが、いくらベテランのコンサルタントでも一時間程度の面談でその人の素質を見抜いたり、本当にマッチする求人情報を見つけるは難しいのが普通です。

その結果、紹介会社が紹介して入社してもイマイチという評判を受けたり、会社に合わずに辞めてしまったりする人も多いようです。また、紹介料が高いということなども言われたりしました。

そこで新たに登場したのは求人案件は公開して求職者が自分で探して選んで応募してもらうという平等な応募機会を提供するフラットな求人サイトが登場しました。

このサービスは私も利用しましたが、非常に良いと思います。エージェントが求人を紹介してくれない場合、まず1番に利用してみたいサービスです。

メリットとしては、学歴、離職期間、年齢、社歴、経験業務などがぴったりマッチしていない場合エージェントのコンサルタントは紹介しませんが、ここにある公開系の求人情報サイトでは全ての求人情報が公開されているので誰もが見て応募することができます。

ここで募集している企業は求職者の条件をあまり絞らず多くの人見て選考して決めたいという考えで利用していることが多いようです。

デメリットとしては、人気のある求人情報には応募が殺到してしまい、倍率が高くなってしまうことです。本当に人気のある求人などは信じられないくらいの倍率になってしまうこともあるようです。そのため、数多くの求人に応募しなければならなくなります。

もしくは人が応募していなさそうな求人を狙うか、いち早く応募することで面接の機会にまでこぎつけることです。

また、募集されている求人の条件は非公開求人と比べると平均するとかなわない所がありますが、かなりいい条件の求人を大勢の中から探したいという企業もあります。

一次受付・ES選考までは求人情報サイトの運営会社が行っていたり、応募先企業の人事部までエントリーシートが届くサイトがあります。

第1位 リクナビNEXT

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 5
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
5 2
  • 『リクナビNEXT』
  • 運営会社:株式会社リクルートキャリア
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:業界大手で掲載求人数も最も多いサイトです。アルバイトからのステップアップや正社員の転職などあらゆる職種の人が利用したいサービスです。全ての人が全ての求人案件に応募することができます。転職者の80%がこのサイトを利用しているそうです。このサイトにしか掲載されて無い求人が85%もあるそうです。毎週2.6万人もの登録者が増えているそうですので、ライバルとの競争は大変そうです。とにかくこのサイトは登録することをおすすめします。ここを見ないとほとんどの転職情報を逃してしまうことになってしまいます。

第2位 バイトルNEXT

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 4
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
5 2
  • 『バイトルNEXT』
  • 運営会社:ディップ株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:アルバイトをしていて正社員へキャリアアップする人向けの求人情報を掲載しているサイトです。全ての人が全ての求人情報に応募することができます。

第3位 @type

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 2
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
3 3
  • 『@type』
  • 運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~(少し上を目指す人向け)
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:公開求人ですが条件の良い求人情報へチャレンジするというコセプトのサイトで掲載求人数は小~中規模な方といえるかもしれません。登録しておくとスカウトサービスが利用でき、自分に興味を持った企業から連絡がくる可能性があります。

第4位 エン転職

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 3
  • 『エン転職』
  • 運営会社:エン・ジャパン株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:公開求人方式の求人情報サイトとしてスタートした会社ですので掲載求人数は多いです。企業と求職者に対して積極的なアプローチが有名な紹介会社ですので仕事が見つかる可能性に期待できそうです。

ITエンジニアの転職サイト

ITエンジニアの転職おすすめサイトにITエンジニアの転職、悩みについてまとめてみました。これはかなり根が深い問題ですのでなかなか一筋縄ではいかないと思います。

転職サイトも無数にありすぎて就職先が転職サイトだったり、就職先が仕事先を紹介してきたり、、混沌としていてカオスのような所もあります。

雇用形態も多様です。

おすすめのプログラミングスクールの転職保証を利用する!

条件(30歳未満など)がありますが、プログラミングスクールを受講すると転職支援サービスが受けられて就職できるコースがあります。有料のものから無料のもの、講義形式、オンライン受講、転職保証があるもの、ないものと多くのスクールがあります。

受講料が気にならなければ利用してみるのも就職するための1つの手段となりそうです。

3.派遣求人の転職サイトおすすめランキング!

派遣という雇用形態も一概に同じではありません。職種によって仲介する派遣会社が全く異なってきます。同じような場合もありますが、作業系の仕事の派遣とオフィスワークの派遣では取扱っている派遣会社が異なります。

メーカーの子会社が自社グループ向けに行っている派遣事業会社では、作業系もオフィスワークも扱っていたりします。それは珍しいパターンです。

また、オフィスワークの派遣は一般的な事務職、営業事務などが多く得てして女性が多いのも特徴です。これは実際の傾向がそうなっているのでどうしようもありません。また、自分が適合しそうな派遣会社へ応募しないと時間の無駄となるかもしれません。

たとえば、女性の仕事がメインの派遣会社に男性が応募するのは効率的かというと、どうなのでしょう?

他に受ける人が少ないから逆に空いていて受かりやすいというメリットはないでしょうか?しかし、受ける人も少ない分、求人数も極端に少ない可能性もあります。

こればかりは本当に仕方のないことです。

しかし、アルバイト求人情報サイトでオフィスワークの男性の仕事を探すと本当に件数が少なく、倍率も高く受かりにくいのがよくわかると思います。たとえ男性のオフィスワークであっても派遣会社経由の方が求人件数は多いのではないでしょうか??

なんだか、いい年した男性がオフィスワークの派遣会社へ行って仕事を紹介してほしいと言うなんて恥ずかしいような気もしますが、会社によっては男性の求人案件も取扱っているはずですのでちゃんと選んでいけば良いはずだと思います。そもそも、エントリーシートを応募して男性だから、年齢で駄目ということであれば、その時点でお断りの連絡があるはずですので、嫌がっていないで派遣社員にも応募してみると良いかもしれません。

アルバイトでオフィスワークを苦労してやっと合格したら、人材ミスマッチで1週間で辞めろ辞めろ攻撃にあってしまい、辞めざる得なくなったという話も聞いたことがあります本当になんで派遣社員でいいから応募しなかったんだろうかと後悔していたそうです。とはいっても、オフィス派遣の場合は自分が何ができるかということを厳密に求められます。

エクセルやパワーポイント適当にやればできるだろうという姿勢だと確かにきつそうです。自分ができることを一覧にしてよく考えてみるべきだと思います。そこから何か見えてくるかもしれません。

また、IT派遣という特別なジャンルもあります。オフィスワークなのにエクセルやパワーポイントなどのスキルはあまり重視されず、ITスキル(プログラミングなど)を求められる仕事です。これは特別な派遣の種類に該当するものもありますが、一般派遣の仕事でも沢山あります。

本当に多岐にわたるのが派遣という雇用形態に集まっています。それでいて、有期雇用契約で非常に不安定な働き方であることは事実です。もちろん、アルバイトや直接雇用の契約社員も有期雇用契約ですがやはり派遣社員の方が上位の求人だと言えるのかもしれません。

しかし、アルバイトでも直接雇用の方が早く企業に正社員として迎え入れられる可能性がある場合もありますし、派遣社員は派遣会社や契約があるために社員として採用することを阻害する可能性があるのも事実です。例えば派遣社員が一人ではなく五人いる場合に一人だけ正社員にするということはその後の仕事がやりづらくなるので実現しにくいことだと言えるかもしれません。

第1位 マイナビスタッフ

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
3 3
  • 『マイナビスタッフ』
  • 運営会社:株式会社マイナビ
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層
  • 雇用形態:派遣社員
  • 求人の公開方式:匿名求人公開方式(登録会、面談後の紹介)
  • 解説:事務系の職種(一般事務・学校事務など)、クリエイティブ職(編集・DTPオペ・Webデザイナーなど)の求人案件が中心です。大企業の事務、大学、マスコミなどの仕事が多いです。

第2位 パーソルテクノロジースタッフ

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 4
  • 『パーソルテクノロジースタッフ』
  • 運営会社:パーソルテクノロジースタッフ株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:派遣社員
  • 求人の公開方式:匿名求人公開方式(登録会、面談後の紹介)
  • 解説:ITエンジニア、Webクリエイター、ものづくり(電機メーカーなど)エンジニアの求人案件が中心です。中には時給2500円という仕事などもあります。

フリーランスの仕事の探し方

フリーランスという言葉でまとめてしまっていますが、『業務委託契約』などの企業と個人が直接契約を結んで仕事を請け負ってお金を貰う働き方になります。建設業などにおいては昔からよくある形態なのですが、近年になってIT、クリエイター職においても急速に拡大しました。

フリーランスの仕事の探し方はコツが必要にです。常にお客さんに自分を選んでもらわないといけませんので、雇い主と労働者という関係性ではありません。自分が開業して事業として仕事を受けていることになります。

しかし、実際の職場は様々で一時的な働き方として選んでいる場合もあります。年齢的に定年までの期間が中途半端なケースなどはこういうことも多いようです。また、本当にフリーで優秀な人材を短期間だけ頼みたいというケースに対応できるようなフリーランスのための案件サイトがあります。

専門的なアルバイトのようなものから高度な仕事を求める案件まで様々なものがあります。

4.専門的な職種の転職サイトおすすめランキング!

工場の仕事に限定した求人情報サイトや医療、介護の求人情報を掲載しているサイト、建築の仕事限定など、近年の流れで登場し始めました。

考えてみれば資格が必要な仕事は職種が限定されています。

1つの職種の求人だけを見ていればいいわけです!

そういった時に非常に役立つサイトとなっています。とにかく、求人情報を見るのは精神的に非常に不安感や焦燥感によってキツイものがあります。

それでいてわけの分からない関係のない職種の求人情報まで見るというのはただの精神の消耗となってしまいます。まだ、他に沢山の求人を探せたはずが無駄なところで力を使い果たしてしまっていることになります。それは効率的な仕事探しとは言えません。

看護師の転職サイト

マイナビ看護師

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 4
  • 『マイナビ看護師』
  • 運営会社:株式会社マイナビ
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~(看護師 治験コーディネーター、保健師、助産師、准看護師)
  • 雇用形態:正職員、常勤、(日勤のみ)
  • 求人の公開方式:非公開求人方式(面談後の紹介)
  • 解説:全国の病院、施設の正職員、常勤職員の求人案件を扱っています。看護師 治験コーディネーター、保健師、助産師、准看護師の方のための転職エージェントサービスです。非常勤、パートタイム、アルバイトの求人案件は基本的にあまり扱っていません。

薬剤師の転職サイト

マイナビ薬剤師

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 4
  • 『マイナビ薬剤師』
  • 運営会社:株式会社マイナビ
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:正社員
  • 求人の公開方式:非公開求人方式(面談後の紹介)
  • 解説:関東、関西をメインとし、全国の求人案件も取扱っている薬剤師の方のための転職エージェントサービスです。求人数案件数が非常に豊富にあるため平均で一人あたりに20件以上の求人を紹介した実績があるそうです。

医師の転職サイト

MCドクターズネット

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
5 4
  • 『MCドクターズネット』
  • 運営会社:株式会社メディカル・コンシェルジュ
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:常勤と非常勤(派遣や単発、一日だけのスポットも)
  • 求人の公開方式:非公開求人方式(面談後の紹介)
  • 解説:医師の方のための転職、求人紹介サービスサイトです。全国に拠点がありますが、出張登録会も行うことができるそうです。都合が付かない時はカフェ等で面談することも可能なようです。

  • 他の医師の仕事の探し方を見る!

介護士の転職サイト

ベネッセ介護士お仕事サポート

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
5 3
  • 『ベネッセ介護士お仕事サポート』
  • 運営会社:株式会社ベネッセMCM
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:正社員、アルバイト、派遣求人
  • 求人の公開方式:公開求人と非公開求人方式(面談後の紹介)
  • 解説:ベネッセグループでは全国300以上の介護施設を運営している実績があり豊富な求人が集まっています。多様な希望条件で求人情報を検索すことができます。

  • 他の介護士の仕事の探し方を見る!

工場の求人の探し方

工場ワークス

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 5
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 2
  • 『工場ワークス』
  • 運営会社:株式会社インターワークス
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~(検品・検査・調整、仕分け・梱包・ピッキング、食品加工、工場事務、フォークリフト・クレーン等の機械操作)
  • 雇用形態:正社員、派遣、契約社員、アルバイト・パート
  • 求人の公開方式:公開方式
  • 解説:男女とも活躍できる求人情報を集めた工場の仕事の求人サイトでは掲載数が1番多いサイトとなっています。寮付きの仕事や期間工の仕事などもあります。

5.アルバイトの求人転職サイトおすすめランキング!

アルバイトが学生のためにあったのはバブル期のことです。今では普通の仕事といえます。アルバイトでもフルタイムで働くと社会保険と厚生年金に加入するところもあります。

もちろん、学生の方のアルバイト情報、短期のみの仕事をしたい人には欠かせないのがアルバイトという働き方です。

厳密には契約社員という雇用形態なのでアルバイトという言葉は造語のようなものだと言えます。短期の仕事、時間が正社員の労働時間よりも短い仕事などをアルバイトと呼ぶような傾向があります。また、パートタイムと同じ意味なのですがなぜかパートは主婦がするアルバイトという意味になっています。本当は『フルタイム勤務に対してのパートタイム勤務』という使い方が正しいものです。『扶養に入りながら働ける』ということで『パートタイム勤務=主婦(主夫)』という意味に転化したのかもしれません。

しかし、扶養に入っていられるかいられないかというギリギリのせめぎ合いは現時点では健在です。政府はさすがにサリーマンの扶養家族だけ優遇され過ぎだとして是正する方向の意思を出していますが、今後はどうなるでしょうか。。

第1位 タウンワーク

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
5 5
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
5 2
  • 『タウンワーク』
  • 運営会社:株式会社リクルートキャリア
  • 登録おすすめ度:★★★★★(5)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:アルバイト(契約社員)
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:アルバイトから派遣会社の求人広告まで多数の求人情報を集めた非常に大規模なサイトです。情報量が多いので条件を絞って探していきたいです。

第2位 LINEバイト

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
2 2
  • 『LINEバイト』
  • 運営会社:株式会社AUBE(オーブ)
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層
  • 雇用形態:アルバイト(契約社員)
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:LINEが運営するアルバイト情報サイトです。連絡手段にLINEを活用するため若者に人気のサイトです。

第3位 バイトル

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 4
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 2
  • 『バイトル』
  • 運営会社:ディップ株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:アルバイト(契約社員)
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:非常に沢山のアルバイト情報が掲載されたサイトです。特に力を入れて掲載求人数を増やしているようなので期待できそうです。

第4位 マッハバイト

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
4 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
3 2
  • 『マッハバイト』
  • 運営会社:株式会社リブセンス
  • 登録おすすめ度:★★★★☆(4)
  • 対象求人:若年~中年層(20代~30代)
  • 雇用形態:アルバイト(契約社員)
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:困ったときに素早く探して素早く決めて働くというコンセプトになっています。お祝い金がマッハボーナスというもになっていて増額されたりしています。

第5位 フロム・エーナビ

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
3 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 2
  • 『フロム・エーナビ』
  • 運営会社:株式会社リクルートホールディングス
  • 登録おすすめ度:★★★☆☆(3)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:アルバイト(契約社員)
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:『フロムエー』という紙媒体の頃からあるアルバイト情報メディアです。サイトになって『フロム・エーナビ』という名称になりました。タウンワークとの関係性はよく分かりませんが、多くのアルバイト求人情報が掲載されています。

第6位 an

おすすめ度
(1~5)
求人数
(1~5:多い)
3 3
対応可能な年齢
(1~5:中高年まで)
ハイクラス度
(1~5:ハイクラス)
4 2
  • 『an』
  • 運営会社:パーソルキャリア株式会社
  • 登録おすすめ度:★★★☆☆(3)
  • 対象求人:若年~中年層~
  • 雇用形態:アルバイト(契約社員)
  • 求人の公開方式:公開求人方式
  • 解説:『an』も紙媒体の2大アルバイト求人情報誌でした。Webサイト版のアルバイト求人情報サイトです。掲載件数はトップレベルに多いです。

パートの仕事の探し方

主婦に限らず学生も該当しますがフルタイムに対してのパートタイムという働き方です。

フリーターという言葉が派遣社員が登場するまで注目されていました。自分の時間を増やして自分の好きなことをして生きていく。自分探しの旅をしながら働くようなイメージでした。

フリーランスという方がかっこいいですが、パートの場合はフリーランスのアルバイターなのです。

パートという言葉も曖昧な表現です。パートタイムジョブという語源からきていますが、今はほとんどフルタイムに対して短時間勤務のパートタイム勤務という区分けをしています。これは主婦で子育てをしながら働いたり、本業がある人が副業としてお金を追加で稼ぐことを目的としています。

検索条件で『パート』というところを選んで仕事を探すことができます。

『パートタイムからフルタイムへ』『アルバイトから正社員へ』というステップアップ方法があります。

既卒、第二新卒におすすめの転職サイト

既に卒業しているが就職していない人、就業未経験の人のための転職サイトがあります。初めて入社した会社が合わなくてやめたので、まだ学校を卒業してから2,3年しか経過していない第二新卒の人はまだ十分に可能性を持っています。

将来を悲観することもありません。今はそういった境遇の人を正社員として働けるように仕事を紹介してくれるサイトがあります。

まだ、初めての仕事として取り組む可能性を十分に持っています。

10代におすすめの転職サイト

10代はアルバイトをする人が多いです。職人に弟子入りして伝統工芸を極める人もいます。しかし、待遇の面から大学まで進学してから総合職に就く方がいいと考えるため、10代のうちは学業と並行してできる短時間のパートタイムのアルバイトをする人が多いです。

もちろん、時代は世紀の大不況ですので学費を稼ぐために高校生がアルバイトをしていることも珍しくありません。それを特別だとも思わなくなってしまいました。本来は政府が学費は無料にすればいいんですが、この国では技能スキルではなく学歴が年収のフィルタとなっているために誰でも進学できるわけにはいかないのかもしれません。残念なところです。

アルバイト求人情報サイトから仕事を探すのが10代の仕事の探し方となると思います。

また、大手転職エージェントでも中卒や高卒の10代の若者でも、仕事を求めていてやる気がある人なら仕事を紹介するという話がありました。

20代におすすめな転職サイト

大学、大学院の新卒学生の就職活動と第二新卒と業務経験5年以内の若者たちが転職するときに20代の仕事の探し方が求められてくると思います。

新卒採用についてはこのサイトでは取り上げていません。

第二新卒と業務経験5年以内の20代の若者向けの仕事の探し方について考えていきます。

はっきりいって一番大事な時期です。

日本ではやり直しはほとんどききません。

最初が大事です。最初が失敗したら2回目が大事です。3回目も大事です。4回、5回と徐々に自分のランクが落ちていくイメージです。

できるだけ最初にいい条件の仕事にありつけないと、待遇は下がる一方です。自分の売値がディスカウントされていく感じです。ほんと日本のこの制度って最悪だって思うのですが現実ですから仕方ありません。

あくまでも忠告として言っておきますが、一番大事な時期ですから真剣に考えてください。

間違っても会社を辞めてブロガーになったりしないように!

ただ、ブラック企業で過労死しないように逃げる方法、道は確保しておいてください。

99%以上の人は会社が嫌になっても会社にまた入るのが正解だと思います。

若ければまだ刷り直しのようなことができて新品同等品として採用してもらえます。オフィスワークの会社員だった人は間違いなくエージェントのお世話になってください。

30代におすすめの転職サイト

ここからは自分が中古品であると考えたほうがいいです。

世間では高齢化の影響で60歳でもまだまだ新人扱いされますが、それは都合のいいようにしているだけです。

本当は20代が一番で30代からは中古品という扱いをされます。悲しいことですしこういう日本の現実を変えていくべく活動が必要です。しかし現実は理解した方がいいです。

また、男女で違いをなくすといっても求めている会社側には明確に女性、男性、どっちを採用したいかがはっきりしています。求人票に書けない法律のせいで場違いな所に応募して時間を無駄にしないようにしましょう。

そして、タイムリミットは35歳です。これは法律で認められた年齢制限です。堂々と書いてきます。

35歳未満という書き方ですので34歳までです。つらいですね。30歳から4年間しかありません。30代の仕事探しなんていっていますが前半と後半は大違いです。

34歳までは全力で最速で探しますが、第二新卒のように新人として扱ってもらえませんのでステップアップする人だけがプラスの結果を得られます。それは本当に全体のごく一部の人だけです。

ほとんどの人は30代で転職しても条件は悪くなってしまうことが多いとおもいます。もちろん、ブラック企業で低待遇で働いていた人は正常な待遇に戻るのでいいチャンスです。しかし、30歳まで病気せずに働けたならその会社、部署はブラックではないと思います。

30代前半までなら迷わず転職エージェントに相談しにいってください。それで駄目だったら公開求人を探して応募しまくって下さい。

30代後半はヘッドハンティングは別として闇鍋の中に突入していく感じです。。。

はっきりいってほとんど正社員はあきらめてバイトや派遣社員などを目指したほうが話が早く進むと思います。そこで会社の人と知り合いになって正社員にしてもらう道が一番まっとうだと思います。

40代におすすめの転職サイト

会社が倒産した、突然のリストラ解雇などの場合は同業種の空いた椅子に素早く移動するしかありません。スピード勝負です。椅子取り競争です。

事情があって気づいたら雇用されずに40代になっていたという人は自分を鍛えるところから始めたほうがいいかもしれません。それはニートの仕事の探し方に通じるものがあります。

どの仕事が自分のスキルが伸ばせるか?とかキャリアプランが、、とかそういうことは一切後回しにして考え方は100%書き換えて白紙に戻して、『生きるために必要なお金を得る方法を探す』ということに集中したほうがいいと思います。

余計なことは考えない。というのでしょう。そうなると経営者がやっていたような考え方と似たような感じになってくると思います。くれぐれも法に触れることや騙しはやらないように気を付けておいてください。

アルバイトから探すのが効率的だと思います。少しのチャンスを狙ってオープン求人に応募してみるのもいいかもしれません。

中高年におすすめの転職サイト

中年が35歳くらいからだとすれば人生で一番長い期間が中高年です。

しかし、これは高齢化が進んでいく日本という国における宿命です。

となると、0歳から34歳までが人気の求人年齢と言えるのかもしれません。今後は変わらざる得ないと思います。

普通に考えて新人の面倒を見るのは将来が楽しみだからで若者だから指導のやりがいがあるというものです。

それがみんながそう思うのですから世間もそうなるのは自然な流れなわけです。

これからの日本では中高年の仕事の探しというのはほぼ全員が経験するイベントであり、本当の意味での自分探しと言えるのかもしれません。

自分の力だけで仕事を見つけていくのは厳しいので公的機関も利用できたら利用した方がいいと思います。

50代におすすめの転職サイト

発想の転換が大事です。アルバイトから探すのが効率的だと思います。また、知り合いに紹介してもらう方法もかなり有効な方法です。知り合いがすでに働いている職場に知人の紹介ということで働かせてもらうことができることがあります。

60代、70代の仕事-公的機関を利用する!

企業の再雇用制度を利用できる人は利用して、探す人は公共のシルバー人材センターの求人を

探してみるといいかもしれません。ハローワークにはぜひ行っておくべきです。

生活も国に面倒を見てもらうくらいの気持ちで居るのも1つの手です。

それが国の本来の役目なんですから必要なときにはしっかりと活用するのがいいかと思います。

ちなみに80代以降は全面的に国の制度に頼っていいと思います。

ニートにおすすめの転職サイト!

日本では不思議な慣習があって若い年代の人が無職の期間が長いと『ニート』と呼んだりします。不労所得がある人も居ますし、生活費を誰かが面倒を見てくれてバランスがとれているなら問題は無いのですが、この国では二度と会社員として採用されなくなるかのごとき風潮があります。

普通に20代でブラック気味な企業に入ってしまったり、転職活動に失敗したり、病気をした場合はこういう状況になるわけでなんら不思議な事ではありません。

普通に起こりうることです。

そのあとが問題なのです。

ほとんどの企業が正社員としての窓口を閉めてしまうということです。

そのため、アルバイトや派遣社員から始めるのが無難ですし、何らできないことはありません。みんなできるので自信を持てばいいだけです。

ただ、体を壊した人などはケアが必要です。また、将来にわたって自分が携わりたい仕事を見つけたり準備をするのもいいことです。

でも、そう簡単に見つけられるわけはないので好きな仕事に携わっていれば自然と好きな方向へ進めると思います。

『ニート』という言葉なんてほんと曖昧でいい加減なのものです。

しかしながら、マスメディアの伝搬で社会現象の1つとして有名な言葉になってしまいました。検索条件や検索キーワードにまでなってしまったので探すときには活用してみてください。

主婦の仕事の探し方

主婦、または主夫の仕事の探し方は扶養の範囲内で働ける仕事をどうやって見つけるかということになります。

配偶者の扶養に入っていると厚生年金の場合は扶養されている配偶者は自分で国民年金を支払わなくても良いことになっています。年収が130万円程度までは扶養に入っていることができます。

扶養から外れると年収がある程度高くないと扶養に入っているよりも損をしてしまいます。

不安定な仕事を選んだ場合は扶養から出たり入ったりすることになります。

扶養に入るかどうかは配偶者の勤務先の企業が決めることなので、扶養から外れたり入ったりを繰り返しているとやはり印象が悪くなると心配する人もいるでしょう。

この制度は政府は変えようとしているようですので今後どうなるかは分かりません。

しかし、主夫のフルタイムではない仕事では、この扶養の壁を超えないように働くことが必須となっています。雇用主もそのことを十分承知していますので求人票に「扶養の範囲内で働くことが可能」ということが書いてあります。

転職の仕事の探し方とは?

転職とは現在就業中でそのまま途切れることなく次の仕事を見つけてすぐに次の会社で働き続けることです。

スケジュール調整が一番難しく主にエージェント経由で優遇された求人の場合にうまくいくようです。キャリアのステップアップのような転職と言えます。

これは景気に左右されることが大きく景気が落ち込むとこのような求人が減ってしまいます。

転職するならば仕事の探し方のポイントは「日経平均株価やダウ平均が上がり調子のときに行うこと!」

という単純なことでいいかもしれません。実際、それで企業が採用を絞ることが多いからです。

専門的な仕事の探し方

専門性の高い仕事というのが本来の意味ですが、もっと広く事務職以外の仕事ということばが適切だと思います。

オフィスのサラリーマンなんてどこいってもやることは一緒ですから全員が一般職だと言えます。でもなぜか、そういう人を総合職と呼んで一般職よりも給与が高くなっていました。今では一般職が地域限定社員などに代替されているのかもしれません。

それに対して、作業労働を専門的な仕事と呼ぶようです。それも荷物運びなど単純作業は抜いて複雑な操作、知識を必要とするものや国の免状が必要なものが専門的な仕事と呼ばれるようです。

就業人口の多い専門的な仕事は専門的な仕事を探す求人情報サイトが用意されています。

募集の少ない専門的な仕事は一般的な求人サイトの専門職というカテゴリにまとめて入っていたりします。

日雇いバイトの探し方

原則日雇い派遣の禁止という法律があります。日雇いでも派遣ですから契約と仕事が同じ場所であればいいわけです。構内請負というのもあります。

1か月以内の仕事のことを日雇いと呼んでいるようです。

あとは1週間ごとに不定期なスケジュールがある人やイベントがあってどうしても休まないといけない事情がある人や仕事に慣れるために一時的に働くという人が利用するバイトかもしれません。アルバイトから探すといいと思います。

ハローワーク以外の仕事の探し方

ハローワークは日本最大の求人情報が集まっている組織です。そのはずです。

しかし、コンピューターの普及により民間の求人情報サイトで探すほうがずっと効率的になりました。

ネットを使わない職種ではハローワークが有利と言われてきましたが、現在はスマートフォンが普及しているため、PCが使えないと言ってもほぼ全員がスマホを持っているのでネットで仕事を探すことができます。

基本的に政府もスマホは大事なツールなので一人に一台もたせるようにしたいと思っているはずです。通信量も大幅値下げする方向に指導するようです。

外国人労働者の受け入れが本格的に始まりました!

これまでは特定の職種の人材だけを就労を許可するという条件だったのですが、建設業などの作業労働職においても海外から働き手を受け入れて長期に渡り就労させることを許可するという大きな動きがあったそうです。

これはもう『ベルリンの壁が崩壊した』くらいの出来事だとTVで言っていました。ということは日本の鎖国がとかれたの同じくらいですね。そっちの方が分かりやすいです。

そうです。

ついに日本の労働市場の鎖国が正式にとかれたのです。ということは移住してくる人が猛烈に増えるわけです。また、軽い作業系ワークを高齢者の仕事だとしていたのがもう本当に不可能になりました。

これからは外国人就労や転職をサポートする仕事をしなければなりません。これも人材紹介会社の仕事となっていき、日本の労働者にはメリットはあまりありません。競争相手が増えすぎてもう、オフィスワークから作業労働へシフトすれば仕事があるだろうなんて思ったら大間違いです。

海外からやる気のある若者が肉体労働に現れたらならば、もうかないません。

建設作業の派遣という形態は一般的な働き方の1つであるといえます。多くの働き手を集めるには派遣会社を使うのが合理的です。

作業系ワークの場合は、直接雇用と派遣会社経由における待遇は、それほど変わらない所が多いかもしれません。

工場などの仕組みを考えれば生産に携わる人手は生産量に応じて変えたいわけです。それが上手くできる仕組みの1つであるのかもしれません。もちろん、日雇い派遣という働き方は派遣が原則になります。企業が自ら働く人を探して毎日のように新しい人と雇用契約を結んでいたら手間がかかって仕方ありません。この場合は派遣会社という仲介する企業の存在意義は大きいものです。

そういうこともありますので、純粋に給料の高い方を選べば良いのではないかと思います。

派遣社員の契約期間は長いものでは1年と長いですが、派遣契約の種類によっては、フルタイムでも6ヶ月以下、2ヶ月以下という非常に短いものがあったりします。

また、事前に契約更新の可否を教えてくれるのが正しいと思うのですが、それが怪しい所もあったりします。社会保険の加入もマチマチなところもあります。ちゃんと、法的に正しくて事前に明確に契約書に記載されていれば良いのですがアバウトになってしまうところもあるようです。

また、寮完備で全国問わず働くような形態の働き方もあります。このように非常に大事な役割を持っているのが派遣会社ですので、利用する場合にはその派遣会社が信頼できるところかどうかの見極めが非常に大事だと思います。できれば営業実績があって口コミも多いところの方が安心はできます。もちろん、規模が小さい所が駄目だということではありません。

そう考えると、派遣という雇用形態はアルバイトよりも上位にくる雇用形態であると言えるのではないでしょうか??

もし信頼できるような派遣会社が仕事を紹介してくれないような場合は、直接雇用のアルバイトで仕事を探して少し経験を積んでから、オープン求人の正社員募集へ応募してステップアップしてみてはいかがでしょうか?

などと言っていましたが、もうそんな悠長なことはいってられません。

日本に居る作業系ワークをやっている人は有期雇用契約でやっている人がほとんどで、メーカーの生産方針の転換によっては仕事を変えざる得ません。

となると、若い海外の労働者が入ってきたらその人を採用するということになるかと思います。

なんだか、カオスが訪れる気がしますね。。

いずれにしても、できるだけ稼ぐことが必要かもしれません。

また、外国人労働者を支援するような仕事ができるように英語や制度を理解しておくといいかもしれません。

仕事の探し方』に関するニュース、情報

転職サイトに関するニュース

本サイトの転職サイトに関する記事

This post was last modified on December 10, 2018, 5:04 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.