よくある『IT派遣詐欺ブラック企業』入社までの流れ

よくある『IT派遣詐欺ブラック企業』入社までの流れ

まだ、ギリオフィスで働ける年齢だったころ、中小なら行けるかと、ITのくせにオフィス自社勤務というところへ受けた。

契約社員だったが別に良ければ正社員化するだろうし、あくどいとこなら条件がゲロ悪でこちらから辞めたくなるようなことをやらされるんだろう。とおもいつつも、数年間内定が無かったので飛びついてしまった。

愚かだった。

  • 派遣とは言わない。免許も持っていない。
  • IT業務は顧客先常駐ということが頻繁なので、それが派遣扱いなのかが政府からは見えない。
  • 大手が顧客でそれを加担していた。
  • 急ぎで話を進められた。
  • 内定が出る前に担当が決まっていたといわれた。
  • 入社する前に歓迎会だと言って飲みに行った。ここで完全に騙し引き込む作戦だったろう。

結果的に、

  • 詐欺会社の役員を酒のんでおだてて調子に乗せている間に不自然な会話が出てきた。バレバレの嘘をついて平然としている。超違和感。。
  • その場では気づかない馬鹿な自分が居た。
  • 部下員が口を滑らした途端、暴力をふるっていた。
  • さすがにそれをみてこれはやばい。しかし、数年ぶりの内定、、、、悩む。
  • その後、3,4日間、ぼーっとしてなにも考えられない状態になった。海に行ってぼーっとしてしまったりしていた。
  • その結果、悟った。これはアウトなやつだ。
  • 契約書には残業時間が200時間以上と明記されていた。質問しても口頭でこれはトータル勤務時間だからという。だが、そんなの書面が第一だし、書き換えてもらえるまで契約しちゃだめだ!
  • 当然、雇用保険、厚生年金などは加入しない気だったようで、福利厚生はないですよーとかいっていて、具体的には?と聞くと話をはぐらかしていた。
  • 数年後にその会社のサイトを見ると、前まであった役員名が全て隠されていた。場所も転々としている。おそらく個人名、場所から口コミで広がってしまうのを隠すためだろう。
  • やはりそういう会社は共通して言えることだが、2chなどのことを非常に気にしているようでこちらが気がついていないか、近いうちに気が付きそうかをチェックしているようだ。もし自分が2chなどはよく見ますよと答えたら不採用となるのだろうと思う。

以上のことから、

派遣業の免許を持たず、明記せず、

社会保険にも入らず、違法に派遣を行い、いくらでも残業させても賃金も変わらない。ほとんど、大卒初任給で残業代なしで200時間も残業となりうる。

事故が起きても、保険に入っていないから、知らないでつっぱる。

断りの電話を入れた時、向こうの本性が出て常識では考えられないくらいの言葉を怒涛用のように浴びせかけられた。

他に決まってそっちにいくのかと何度もしつこく聞いてくる。内定を断るっていっている人に損害賠償だとか裁判だとか言い出す勢いだった。世間知らずの若者は断れなくなってしまうのだろう。

全く、問題はない。

それに気づくのがだいぶ時間がかかって決まってから数ヶ月空いてしまい実に数ヶ月無駄にしている。

その事実に気がついてから、もう、こういう自社内開発とかにこだわって仕事を探しても時間の無駄だと思った。ITならちゃんとした派遣会社を経由してIT派遣として働いたほうがおかしな会社でひどい目を見る可能性が減ると思います。

ということがわかり、一円でもいいから稼ごうと思った。形式に拘らずに稼ごう。時間の無駄は人生最大の無駄だ。

というわけで、ブラック派遣詐欺の入社までの流れでしたが、明らかに分かるようにしているわけです。まるっきり騙しきるとすぐに辞めるし、辞められてブラック情報を拡散されても困るわけで、脅しても労基署に通報されたらアウトだし、まあ、ブラックであることを漂わしているのが今時の普通のブラック企業であると思います。

プログラマ-の仕事の探し方は体系的に進めていかないと将来損をしてしまいます。

This post was last modified on March 25, 2018, 2:35 pm

アラサーからの生き方ガイド運営者

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.