AMP化対応 サイトの表示速度 スマホサイト

【第24話】AMP対応必須?やらないといけない?検索順位アップに効果ある!?<在宅ライターの仕事からステップアップ>

【第24話】AMP対応必須?やらないといけない?検索順位アップに効果ある!?<在宅ライターの仕事からステップアップ>

  • 難しいし面倒くさいからやらない!

これも1つの解決策です。費用対効果で割に合わなければやらないほうがいいです。

でも、もし本当に順位争いをしているアフィリエイターなら必須でしょう。

 

AMP化すると検索順位が上がる!AMP対応しないサイトが見られなくなるから!

まず、スマホでAMP化したサイトを見ると物凄く快適です。スタンドアロンのクライアントのアプリみたいです。と言ったらいい過ぎですが、それくらい快適です。

一度使ったらもう二度と戻りたくないと思います。

そして、

AMP化したサイトはGoogle検索結果画面で「雷マーク」が付いて表示されます。

これが付いてるだけで有料でも見たいくらい魅力的なマークに見えてきます。

つまり「AMPマーク」がプレミアムなサイトであるという印になっているのです。

そうなるとどうなるかわかりますでしょうか?

少なくとも苦労してAMP対応しているサイトはユーザーのことを考えているサイトということです。

当然、コンテンツも充実してユーザー(閲覧者)に配慮している所が多数あるはずです。

そうなるとAMPマークが付いているサイトは必然的に満足度の高いサイトであるという証明にもなります。

多くの人がAMPマークの付いたサイトを選んで閲覧することになります。

見られないサイト(AMPマークの付いていないサイト)は順位が徐々に落ちていくことでしょう。

そのような理由でAMP化対応したサイトは検索順位が上がるといえます。

 

めんどくさいし、難しいし、工数かかるし、デザイン変わるからやらなくていい!といった私さえもAMP化しました!

なんか、雷マークがかっこいいんですもん。

というか、AMPってずるい。ずるすぎる。Googleがさらに権力を強くするためにあるようなものだと思わずにはいられませんが、、

といっても、AdsenseはAMP対応しています。

が、AMP対応していない広告は淘汰されるっていう意味では恐ろしい話です。

 

順位争いに敏感なサイトはAMPを導入せざる得ない!

となります。

カルーセルっていうなんだか不思議な言葉が登場してきました。

これはずるいAMPだけが使える超でっかいサムネイルをGoogle検索結果に表示するというもの700pxサイズ以上を推奨ですって。

軽量と言いつつ、もうはちゃめちゃ。

なんでしょう?もちろん、表示されるときは小さくなっているんですが、

ともかく、アイキャッチ画像を貼らなかったり、使いまわして適当な同じものばかりにしている人はここで転落していきます。

今まで書いた数千記事のトップ画像を張り替えることなんてできないですね。

おそろしいですね。

いや、アフィリエイターなら数千ぐらい張り替えますよ!金のためなら!

ただ、問題なのは1記事にボリュームが無い記事ばかり書いたサイトはわざわざそういうことをやるのが割に合わないということになり検索数が全体的に落ちるということになります。

容量重くても何が何でも1記事1画像ってやってない人はほんとうに辛い目にあうことでしょう。。。

今後のアップデートが徐々に首をしめていくように感じるでしょう。

WordPressを使っていれば自然とアイキャッチ画像は設置すべきだと分かるわけです。ある意味テンプレートやCMSを使って方針に従ったサイト作りがいいのは間違いありません。

 

AMP対応していない広告やサイトは消える!

これもほとんどは対応するんですが、やっぱりGoogeが有利ですよね?

弱小、経営危機の広告会社はAMP対応する余力はなく消えていくでしょう。。。。

というか、AMP化できる求人が大募集!ですね。

ここに来てWebデザイナー大人気となるのでしょう。。

 

WordPressのキャッシュと比べると別に速くない!

全然、速くない!

むしろ遅いこともあります。

正直意味ないといいたい。

しかし、使ってみたときのストレス度でいくと、、、、

たしかに使ってる自分が『もういいや、レイアウトもプラグインも使えないけどAMPにしよう!』ってなりました。

AMPは最初に力をため込んでおいて、その後一気に大放出するという感じです。

あと検索結果に表示されているAMPのリンクはもうGoogle上にキャッシュがあるわけで瞬間ですね。まあ、キャッシュを見るっていうところを開いているようなもんですから当然ですが。。

レガシーWebは、ほんとなんかもっさいんですよ。

多分、今後、ブラウザを重点的に開発していきますよね?

Chromeのバージョンアップ。というよりはこれからのメインPCとなるAndroid端末も!

これってAMPはより速く!その他は放置でいいや!ってなると思いますよね?

IEの人は知りませんが、会社で業務システムを使う時だけ使えばいいと思います。日本の会社PCはあと100年はIEでいいと思います。

もはや、Googleは検索、広告、ブラウザ、OSすべてを支配している!

今後はGoogle=ITを意味するようになると思います。それくらい支配力が強まるでしょう。だからこそ、欧州などの賢い国では気にしているわけです。

日本はそういうのはよくわかりません。横文字が苦手だからです。

冗談はさておき、

そうです。

検索を握った段階でもう情報は支配しきったわけですし、それを順位を争ってお金を得ているほとんどの企業、人たちが影響を受けるならGoogle様の言うことを聞くしかありませんよ。

いずれ完全に支配された世界はターミネーターのような世界になるのでしょうか???

マトリックスじゃないだけマシかもしれません。

 

まとめ

  • AMP対応しないサイトは将来的には終わる!今は平気ですが。
  • カルーセルが検索の主流になる!アイキャッチ画像が必須!
  • AMPの高速化はChromeやGoogleのキャッシュサーバーの開発でもっと速くなる!
  • スマホの閲覧率が80%以上になる。
  • ディスプレイとキーボードさえあれば、99%になるかもしれない?
  • 速いとやっぱ気持ちいいと感じる!

仮想通貨でAdsenseの代わりやChromeの代わりのブラウザが期待されましたが、あっという間に簡単につぶされました。

もうAMPでさらに皆無にされるでしょう。。

 

日本のブログサービスのAMPの対応状況はどうか?

現状3社程度が対応しているようです。

まともな思考ならば、かならず対応するでしょう。

高速化するためにキャッシュを書き出してとても速いブログサービスもあります。

しかし、ただ速いだけじゃ意味がありません。

AMP対応っていうことが大事なんです。

これは儲かっている会社いいですがいまいちな会社は淘汰されます。

もちろん、検索結果がテキスト表示だけでいい人はそれでいいです。AMPなんて忘れていいです。

しかし、順位争いをし、カルーセルを利用したいという人は必須です。

まあ、Googleがブログコミュニティのおすすめブログランキングみたいな感じで回遊を増やしたいんだと思います。

とにかく、今の文字だけ検索結果10件+リスティング広告5件くらいの検索結果に魅力は感じません。

だから頑張ったんだと思います。画像検索も頑張っていましたが今一つだったのかもしれません。

 

上位表示されるページがあるなと思ったら、はてなブログのAMPサイトだった!

なんか、微妙に検索で有利になっているんでしょうか?

なぜかよく見る上位サイトが「はてぶ」でAMP対応していました。

「はてぶ」は有料プランにすれば対応してくれるようでした。これすごく羨ましいです。

結局、自分でCMSとか導入せずにブログサービスに頼っていればいい恩恵も受けられるのですね。

「はてぶ」は広告を減らし、「はてぶ」というブックマークのようにコミュニティを作っていてIT技術者などには絶大な指示があって日本では硬派なしっかりとしたというイメージがあります。

そういうブログでAMP対応しないのか?ってユーザーに散々言われるんでしょう?

そこですぐ対応しています。

こういうのは共通のインフラを使っているから簡単なわけです。自由度と引き換えに検索上位に表示される。いいじゃないですか!?

AMPはいい!もうAMP化したサイトはアプリのようです!

これが一番適切な言葉です。

いまCDNといってキャッシュサーバーを分散させるという高速化が流行っているようですが、AMPはGoogle様がキャッシュサーバーになってくれるわけですからこれでOKということです。

AMP化した自分のサイトはもう、これはほんとにアプリですね。

ほんとに物凄く愛着が湧きます。びびりますね。

あまりにも自分のサイトがスマホで高速サクサク動作になって物凄く使いやすくなっているんですよ!

これ一度やったらもう二度と戻れない!

あと、サイトを表示するだけのアプリはもう入りませんね。AMPのおかげでサイトがアプリのように軽快に見ることができるわけです。

これGoogleはうまいことやったなと思います。

ある意味、Android端末のChromeクライアントとGoogle Javascriptフレームワークを使ったネットワークアプリケーションです。

もうTWやFB以上のユーザー層を取り込めるチャンスですよ。

世界中のスマホユーザーを完全に一網打尽にできます。

FB??勝手に何もかも公開するし、広告ばかりだし、、人のリア充見るの嫌だし、、

TW??なんかすぐにへんないいがかり付けてくる人がいてすごく嫌だ。検索もすぐ消えるし、文字数少ないし、落書きみたいなのばっかりだし。。

という印象があります。

しかし、Googleは検索結果のページ全体がGoogleなのです。

もちろん、Google検索という1つのサービスに過ぎません。他にも大量のサービスを実施しています。これはどれもお金が稼げるくらい有益なものです。

正直言って、Googleの後には何も残らないと思います。それくらい凄いです。

Amazonの比較じゃありません。

Googleがなし得ようとしていることの1つが、検索結果画面をアプリ化しようとしているんですね。

あの画面自体がGoogleのものです。

それに魅了される人々が世界中から数十億人集まってくるのです。

中国のバイドゥもいいですが、Googleの本気のAMPを見ればもうこれはちょっと別物ですね。

AMPがただのWEBサイトを電子書籍やアプリにする!

大げさですがこれが適切な説明だと思います。

これからのネットの世界です。

日本はもうパニックになるでしょう。

絶対についていけないわけですから。

 

日本では検索離れ、サイト作成離れが増えてTwitterとFB、とくにTwitterが増えすぎた!

2chのように日本は適当に便所の落書きをする感覚で手軽に情報を発信できるサービスがいいんです。

しかし、TWは個人情報を開示請求されたらするってなってしまったのでもう匿名性はなく、顔出しTWも多いのでほんとうにトラブルを引き込んでいるようなツールです。

FBはあまりにもプライベートが出過ぎで困っています。

そうです。LINEが居ました!LINEはもう電話の代わりで通信キャリアが全部取って代わられました。

ただ、LINEはLINEであり、電話であり、大事なものという認識があるのであんまり無茶はしません。匿名アカウントとかありえません。

ところが、TWは気軽さゆえに適当なことばかりを発信しすぎて恨みを買うこともあります。こればかりは辛いところです。。。

 

結果的に面倒で高度に複雑化したサイトを作る人が減った!

TWの人気を見れば分かるようにもうサイトを書く人が居なくなったのです。

まず、書いてもだれも読まない!

だって、検索結果に出ないわけですから!

それは書きませんよ!

趣味のブログにSEO対策とかしますか????

それもAMP対応の原因のようで、どうやらAMPで新しい記事はカルーセルで画像つき表示されるっぽいです。

これがブログサービスコミュニティと似ています。

誰でも注目を浴びるチャンスがあるのです。ただ、作成日すぐの新鮮なネタに限ります。

もちろん、Webサイトのような形骸化しない情報を表示する案もあるようです。何かストラクチャーを選ぶことができるようでした。

だからみんな頑張って!!

といいたいです。

GoogleはIphoneばかり使っている日本は眼中にない!

Android+Chrome+AMPが本当の目的です。

Iphoneばかりの日本では働いてお金を持っている層がIPHONEばかりじゃもう日本のITはオシマイだということでしょう。

ほんとにこれ多分、日本のブログ各社はAMP化を見送る可能性もあります。

となるともうほんとに終わってしまいます。SNSも先が見えていますし。

そもそも超高齢化でITとか要らないわけです。ITよりサロンパスをくれ。。という感じでしょう。

若者はスマホばかりでPCは使えないというし、WordPressは難しいという。

ならば、もうこの国にはWebサイトさえ消えてしまうのだろうか???

企業サイトが構築できると大金が支払われる仕組みは変わらないのかもしれない。

となると色々とチャンスがでてきそうです。

 

手持ちのWordPressサイトをAMP化し終えるのに1週間かかってしまった。。

これはだいぶ、ズルして楽なやり方を使っています。

それでもさすがにいくつかのWPサイトをAMPの仕様を理解しながらツールを使って自動でやってもこれくらいかかりました。

なにせ、色々な手違いを直していくのが大変です。

一度覚えたら完璧なのですが、最初って難しいです。

それにしてもコンテンツ作りが1週間も滞ってしまったのです。これは致命的です。

でもジャンル違いの業種の人がやると実現不可能となって終わってしまうこともよくあります。

AMP化対応サービスなんていって流行るわけがないですが、需要はあるでしょう。

Googleアナリティクスのアクセス解析のページに、

/category/ブロガーへの道/?amp=1

と表示された時は非常に嬉しかったです。

URLが全部、/ampになるんです!!!

これを見ているとなんか感慨深いものがあります。

時間はかかったけど、AMP化してほんとに良かったと実感しています!

今は作業し終えたところです。

ただただ、やり遂げた、、マラソンを完走した。

開発デスマーチを乗り越えた。。

本稼働を無事乗り切った。。。

そんな達成感です。

ほんとによくやったなと褒めてやりたい感じです。。

 

そして、

もう捨てようと思っていたサイトが生き返った感じです。

途中で放り投げていたサイトがもう一度作ってみようと思いました。

なんかアフィリンクばかりのサイトになっていくのかと思ったのですが、実際AMP化すると非AMP化のページとの相性も悪くありません。

入り口さえAMPならば別にいいフィーリングはキープできます。

これっていいと思います。

かなり作り込んだサービス満載のサイトも入り口をAMP化しておけば、極上のモバイルアプリになりえます。

そういう感じがしたのでまたふたたびサイトをちゃんと作ってみようとおもったのでした。

あと、Adsenseも貼れるのですがどうしてもAMPページに貼るのは嫌な感じがします。AMPはそれくらいいいものだと言うことです。

 

PCでAMPページを見ても速くないけどスマホで見ると爆速!!!

一度見たページが特にそうなんですがモバイルの強烈なキャッシュ機能もあってめちゃくちゃ速くて快適です。

逆に変更が反映されなくていらいらしますが、そこはもう諦めの境地です。

このサイトもメニューの「スマホ版」というところからAMPページがご覧になれます。

何でも無い感じですが、スマホで見るとかなり感動します。

なぜでしょうか???