AMP化対応 SSL/HTTPS化 スマホサイト

【第28話-2】AMPキャッシュを更新する方法!?更新時間は?スマホで変更が反映されない!<アフィリエイトサイト作成代行へ?>

【第28話-2】AMPキャッシュを更新する方法!?更新時間は?スマホで変更が反映されない!<アフィリエイトサイト作成代行へ?>

現時点でAMP対応しているブログサービスは

  • Seasaaブログ(2016年10月21日)
  • アメブロ(2016年3月18日から順次対応開始)
  • はてなブログ 有料プラン「はてなブログPro」で利用可能。(2016年6月21日)

となっているようです。

他は聞いていませんが、私も時代遅れの人で2016年にAMP対応なんて夢にも思いませんでした。

この2016年に考えたなんて偉いですね。

ここに書いてある3社はいずれもブログが主力サービスとなっている会社といっていいでしょう。

ということは、今2年経過してアナウンスも出ない他の日本のブログはAMPなんて対応しないということだと思われます。

何よりも主力事業ではない余力でブログサービスを運営して広告で少し収益を稼げればいいかと考えている会社は、おそらくメンテコストがかかるのでAMP対応しないと思います。

それが分かるリストでした。

ほんとに日本のメディアは終わるのかもしれませんね。たったの3社だけです。はてぶは有料プランだけですから、あまり積極的ではありません。

もうなんか時代遅れもはなはなだしいところです。日本だけかどうかわかりませんが、世界中でTWITTER、FB、インスタが蔓延しているのでもうブログなんて無料でも書かないよ!っていうのが常識なのでしょう。

3大SNSの

  • TW
  • FB
  • インスタ

どれがこれからの日本で価値があると思いますか?

間違いなく「インスタ」です。たまにかなり重たくなって表示が遅れるくらいですが、

これは間違いありません。

理由は、アフィリエイトを考える人ならば自分で分かると思います。

TV、雑誌もインスタのことは「インスタ」と敬意を払っているでしょう。

しかし、他は「SNS」と雑多な言い方をするでしょう。

ほんとになぜ?

っていうと、「女子」ですね。

絶対的な影響力を持つのがインスタです。インスタしかしてません。

日本で個人消費を支えている「女子」さんたちは。

というわけで、アメブロも全力で必死なわけです。

たしかに広告という観点だと、

ブログサービスでお金になりそうなメディアってアメブロがダントツですね。

これが日本の現実かもしれません。

さて、

AMPの話でした。

 

AMPキャッシュを更新する方法!?更新時間は?スマホで変更が反映されない!

  • WordPressでページを新規に作ると、すぐにスマホから新しいページのAMPページが表示される!

これは確かなのですが、

  • PCで既存ページを修正した場合にスマホでいくらやっても更新が反映されない!

ということが起きます。

また、

AMPページには2つあります。

  • 自分のサーバーで持っているAMPページ
  • Googleのサーバーに持っているキャッシュのAMPページ

ですので、

いくら「自分のサーバーで持っているAMPページ」を見て更新されている!と思っても、スマホでみたページには一切変更が反映されていないなんてことになります。

時間がかかる!って思っている人は実は違うようです。

一瞬でWorPressのページの変更をスマホのAMPページに反映させる方法があります。Googleキャッシュに反映させる手順です。

  1. WordPressのページを変更して保存した。
  2. WPのキャッシュプラグインのキャッシュをサイト全部を削除する。
  3. レンタルサーバーのコンテンツキャッシュ機能を利用している場合は、これを削除する。
  4. スマホのクロームなどのブラウザのキャッシュを削除する。「履歴の削除」から削除できます。

これだけやって始めて、変更が反映されました。

まじで面倒です。でもどんだけ時間を待てど暮らしたところで無理です。ずーっと無理かもしれませんし、OKかもしれません。

これが不思議で、WordPressのページキャッシュのプラグインは変更したページのキャッシュは変更時に自動的に削除してくれるのですが、全部のページキャッシュを削除しないと反映されないのです。

これが罠でした。

何か、Googleのキャッシュシステムの方でサイトの大幅なキャッシュが変更されたというフラグがサイト全体で発せられているのかもしれませんね。

とにかくよく分かりませんで、すごく気分が悪かったのですがすっきりしたのでこちらに書いておきます。

もはや、AMPなんて当たり前でいずれ、やってないサイトは検索結果上位から消えることは確実だと思いますので、普通になると思います。

やっぱ、そりゃ上位に表示しますよ。

AMPサイトはGoogleのサーバー内にページが記録されているわけですから、、これは大きいと思います。

ともかく日本で数少ないブログサービスを頑張っている会社は2016年に対応していますので、いかに大事か分かるかと思います。

未だに対応していないところは多分、力を使う気がないということだとおもいます。

儲からないサービスに資金を投資したりしないと思われます。

じゃ、Google Bloggerサービスも終わるのか?終わるわけがない。。

日本じゃあまり使われていませんが、世界ではGoogleBloggerのブログは結構多いです。ほかにいいものがないのかもしれません。

独自ドメインも使えるようになりましたし、今後もやるきでしょう。HTTPSも簡単に対応できるっぽいですし、期待のブログです。

Googleが本気をだせば五分以内にAMP対応が完了しそうですが、一応、テンプレートで対応するという方法を載せている人も居ます。

https://www.ayudadeblogger.com/2017/02/plantilla-de-blogger-en-amp-html.html

またさらに詳しいAMPの使いこなし方を書いている方も居ます。

https://www.ayudadeblogger.com/2017/02/plantilla-de-blogger-en-amp-html.html

というか、、Googleがあまり優遇するともう、これはズルいっていう話になるわけです。

それを配慮しているんじゃないでしょうか?

あと、Bloggerは強力すぎます。

記事を新規に書いていると保存ボタンをおす前からインデックスが作成されているんです。

保存した直後から検索結果に出てくるのです。もうこんなの反則ですよ!!!

というわけでこれでAMPまでやられたら、、

というわけですね。

もっといえば、

  • 今のAMPはECサイトに対応していない!
  • 即時反映性が低い!
  • 今後、バージョンアップしていく!

ということが言われています。

もうお分かりですね。

Google Bloggerサービスは待っているんです。AMPのV-UPを!

いやこうやって書くとECサイトに対応したAMPが出たら、もう絶対にAMPじゃないと駄目じゃないですか????

この快適、爆速がECサイトで使えたら、もう、非AMPサイトの意味がなくなってしまいます。

そう考えると、やっぱりAMP化は必須の流れであり、HTMLタグはまた勉強してください。ってことになるのでしょう。。

システム作業に時間がとられる!そんなときは、、

アフィリエイトを楽に行うには、アフィリエイトサイト作成代行にあるようなサービスを利用することです。