『転職のための仕事の探し方』【エージェントが非公開求人を紹介してくれない!!-オープン求人でもエージェント経由の方がいい!】

エージェントが非公開求人を紹介してくれない!!-オープン求人でもエージェント経由の方がいい!

思い切って言います!

「私は問題ありだから、転職エージェントに行っても、非公開求人を紹介してもらえなかった!」

「インターネットで公開されている、企業HPに掲載されている求人だけしか教えてもらえなかった!」

というのは、間違いでした!!

こんなハメ合うなんてほんと、辞めなきゃよかったと落ち込みました!

これは、30代で会社が嫌になって辞めてから転職しようとした人の8割くらいが思っていることです。

実は、

  • 非公開求人がほとんどで、誰でも見れるオープン求人は少ない!というのは違うらしい!
  • 年齢がちょっと上だとか、離職期間が6ヶ月を過ぎたからといって、紹介できる求人がなく、エージェントがオープン求人を持ってくるわけじゃない!

自分は、

  • どうせ、私には問題があるんだ。。。
  • 非公開求人なんて紹介してくれないんだ。。。
  • 今日の面談はエージェントのコンサルタントが練習のために行ったんだ。。。

実際は、

  • 転職エージェントを経由したほうが、経歴、職歴の信用度が高い!
  • 転職エージェントを経由したほうが、推薦されていて、マッチする人材だと思わせられる!企業の雰囲気に合う人材かもしれない!コンサルタントが推薦状を付けてくれるかもしれない!
  • 企業の人事部は、若い担当者を鍛えるために、練習のための面談をセッティングするかもしれない。。
  • 企業の採用面接では、本命人材の比較対象として採用する気がない「駄目な例」として対象年齢を越えたり、職種が少しずれた人を面接に呼んだりすることもある。

転職エージェント会社は、

  • オープン求人であっても、受かったら紹介料が入るので、受かる可能性のある人と面談している。
  • 求人を紹介したいが、本当に不況過ぎて、オープン求人しか見せることが出来ない!
  • それでも、転職エージェントは紹介料を稼がなければいけないので、熱意がある姿勢を見せれば、オープン求人であっても推薦状を書いてくれると考えられる。。。
  • エントリーシートのスペックしか見ていないのだが、企業側にはマッチする人材がいましたと言ってくれるはず。
  • 経歴に詐称がないとチェックしたという。もしかしたら面接前に与信調査しているかもしれない?

また、転職に失敗したことがある人に多いのが、

  • 経歴詐称じゃないが、病気で休職していたという過去を隠していた!
  • そのまま書いたら即アウトでどこも相手にしてくれなかったから書かないことにした。
  • 休職していたことがバレて、エージェント会社から紹介料を損害賠償請求されるんじゃないかと思って怖くて利用できなかった!
  • オープン求人でしょ?同じだから直受けしようと思った。

転職エージェントを通して応募していない場合、

  • 企業が内定後あたりに経歴の調査を探偵に頼むと思われる。
  • 直受けしてくる人に経歴詐称が多い気がする。
  • なんとなく疑い深くなる。
  • 内定まで進んでから詐称だったら、やり直しだな面倒だな。
  • この人は辞めておこう!

という思考が働くかもしれません。

オープン求人でもエージェント経由で受けておけば良かった。

もしかしたら、エージェントが

  • この人やる気あるじゃん!
  • 他にいい求人があったら紹介してみよう!
  • 疑うことがないから使いやすい人材かもしれない!と推薦状に書いてみよう。

と、思ってくれるかもしれませんね。

迷う前にエージェントに申し込みましょう!

*事実と異なる記載にならないよう、期間、会社名は正確にエントリーしましょう。職務内容は、あまり絞りすぎずに大まかに書いてエントリーする企業ごとにカスタマイズした方がいいです。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.