スマホサイト 中古ドメイン販売で立上げ!

【第2話】グーグルADSENSEは最強!だけど剥がした方が儲かる?<副業なら中古ドメイン販売が絶対おすすめ!>

【第2話】グーグルADSENSEは最強!だけど剥がした方が儲かる?<副業なら中古ドメイン販売が絶対おすすめ!>

経緯

サイト、ブログ運営なんてもう儲からないし、引退だ!

いつになったら儲かるの?と思い続けて数年。むしろ、年々下がる一方。

全く儲からずに終わる無力さを感じていた所に、突然、月数十万円の収益を簡単に得ることがあって気がついた。。

って、本当のことを書いているだけで怪しい情報商材のPR文章そっくりになってしまったこの記事です。

ほんとうに事実を書いていくだけでいつものお決まりのよく見るアフィリエイトのコツとかを書いたサイトと同じこと書いている自分がもどかしいです。

結局、そういうのを嫌わず早く情報商材を買ってでも見ていれば良かったのになと、、後悔している感じです。

だいたいこういうアフィリエイトやブロガーのノウハウを書く人って引退しようと思って考えた時にふと思いついたように書くんでしょうね。。

 

結論

『アドセンスを剥がすとその分の収入が0になる!』

『他に収入がないと0になり、とてつもない不安感に襲われる!』

 

考察

これははっきり言ってサボっていたツケが回ってきたのです。

自分が今までいかに怠けていたかって分かるわけです。

本当に!辞めるなら早いうちに!

アドセンス以外のアフィリエイトで収入を稼げるようにしておかないといけません。

 

えっ?どういう意味ですか???

それでは説明します。

まず、

  1. サイトを作ります。
  2. PVが増えていきます。
  3. アドセンスで毎日お金が少しずつ入るようになります。
  4. 少ない収益のくせになぜか!!!安心してしまいます。
  5. PVを増やせばいいんだと思い、頑張って記事を書いてしまいます。
  6. 他に余力が無くなって何も出来ません。
  7. 新しくアフィリエイトのためのページを作る試みなんてできません。
  8. 複数サイトを作っていくなんてもってのほか、、、無理です。

さて、何を言っているんだ??

ということです。

 

アドセンスの弊害とは?

  1. アドセンスは露骨にスポンサーが多い時期と少ない時期で収益に差が出ます。
  2. クリックがいきなり0に戻ったりすることも頻繁にあります。さっきまであった収益が無かったことにされていたりします。
  3. いくら表示しても同じスポンサーしか出てこないことがあります。
  4. 期の始めは多く稼げますが徐々に半分や3分の1まで減っていきます。
  5. 期が変わるとまた元に戻ります。

これって、人間はいい時の情報しか思い出したくないという本能があるんです。

だから、一番多かった日の収益を覚えておいて、それが3分の1になった日も理由に気が付かず、何も変更をせずにそのままがむしゃらに記事を書いたり、Twitterで集客しようとします。

これは全く、しもべとなるべくスパイラルにハマっています。

 

アドセンス以外の競合は実質的に居ない!

MicroAdとかスマホ用のクリック課金、配信型のサービスがありますが基本的に日本に法人がないと報酬が受け取れません。

そのため、日本の数少ない厳しい中抜き*数回された広告を配信するしかなく、2/3もピンはねされたAdsenseよりも少ない、10分の1くらいの収益しか入ってこないものばかりです。アダルトジャンルはいいものもあるかもしれませんが、普通のサイトにアダルトやグロテスクなマンガの広告が表示されたらブロックしてしまいます。

結局、10分の1では競合とは言えず、全く相手になりません。

そのため、Webサイトの運営者はAdsense以外の収益を得る方法が無かったら、いくら会社に頼らない生き方なんていいつつ、グーグル社の1社のさじ加減1つで無収入になってしまいます。

これが問題であることの1つです。

 

アドセンスの収益は少ないし、PVに応じて増える見込みがない!

  1. ジャンルによってRPMに10倍くらいの差ができる。
  2. それは決まったジャンルである。
  3. そのRPMが高いジャンルのサイトのPVが10倍になったら収益が10倍になるかと思えば、全くならない!
  4. PV数が多い割にアドセンスの収入はアフィリエイトに比べて少ない!
  5. PV数は無限には増えない!今はスマホの台頭で検索するのが億劫になってしまい減っていく一方。
  6. とくに日本では検索さえしない!ググることが偉い作業かのように言われるくらい!
  7. もうPVが増える見込みはない!

これは10年以上前に言われてきたことですが、実際にやってみるまで分からないことです。

 

アドセンスを貼っていた期間が長いほど、剥がした時に本当にヤバイことをしていたんだなって後悔することになる!

はっきりいって長年アドセンスを貼っていました。

あれって、自分を慰めるためにあるようなものです。

ただ、頑張って記事をシコシコ書いてPVを増やしてSEOをしてサテライトサイトを作ったりするのに頑張った分は報われます。

PVを増やせばサイト力が上がりますからアフィリエイトページがヒットしやすくなります。

これは一番大事ですから良しとします。

ただ、全く報酬が無いのに無償で頑張っていたということになります。

 

もう、自分を安売りしない!

記事を書いたら1文字1円くらいの価値があります。

一体、何百万文字書いたのでしょうか?何百万円返ってきましたか??

来ないですね。

いったいどうしたら安売りしないで済むのでしょうか?

 

それは、アフィリエイトで稼げるようなページを作るということです。

検索でも脱グーグルのためにTwitterで頑張っている人が沢山います。

検索なんて10位どころか5位以内に入らないと誰も観てくれません!

こんな切ない作業はないですし、ライバルが増える一方で辞めていくのも当然です。

早く脱却したいところです。

しかし、Twitterではアドセンスは貼れません。アフィエイトリンクを貼るくらいです。

そうです。

脱グーグルからの1歩がアフィリエイトなのです。

 

アドセンスとアフィリエイトの両方を貼っておけばいいんじゃないの?

それは規約でもOKになっています。

自分もそのとおりにやって来ました。

しかし、アドセンスの売上げが大半を占めてアフィリエイトの売上げが全然伸びませんでした。

これはどうしてもアフィリエイトのページを増やせなかったからです。

 

なぜ??アフィリエイトのページを増やせなかったのか?

答えは簡単です。

売るものが無かったからです!

これはまず、女性でなければ膨大なアフィリエイトがある美容、サプリ、健康グッズを売るのは大変なことです。

そもそもネットで小物を買うのは女性が多いからです。

仕方ありません。そういうものに知識がなければ売れません。

これは苦痛になってくるはずです。

では、男性だとした場合、ハゲ薬を売ろうとします。

すると、まず、普通のライフハッキングブログを書いている普通の人が普通に目的なく書くブログではいきなりハゲ薬???

え、何??ハゲてないじゃん??

ということになります。

剥げてないのにビジネスハゲを気取るな!という反感もありますし、ブログをみだすようであまりはりたくありません。しかも売れない気しかしないわけです。

じゃあ、無理です。

これが怪しい商品だから、ギャンブルだから、、、恥ずかしい商品だから、、という理由で普通のブログに載せることができるアフィリエイトは楽天ショッピングくらいしかないわけです。

つまり、楽天市場とアドセンスだけです。

アマゾンアソシエイトは24時間ルールになってから本当に売れなくなりました。

以上、現在ブロガーが絶滅している理由でした。

 

まず、全てが違う!

ブログを書きたいから書くんじゃなくて、売りたい商品のためにブログを立ち上げるのです。

これが第一歩です。

まあ、既存のサイトでページが多いものに間借りして作っていく方が断然楽でいいです。

つまり、今まで何年もかけて作ってきたブログはただの骨組みにしかなりません。

今までの記事は全部、メニューを消して見えないところに追いやることになります。

ただ、ブログの記事数はSEOに効果的ですから残しておいていいです。

 

怪しいものしか儲からない!というか、仕事として見た場合、まともな利益にならない!

唯一、アドセンスが禁止していることにアフィリエイトでもASPの勧誘と情報商材のアフィリエイトのページは規約違反としています。もちろん、アダルトもNGです。

あとここに書いているようなAdsenseの収益に関することもNGだとありました。

しかし、それらのジャンルしかまともな収益にならないのです。アフィリエイトの場合は。

通販するにしたって、楽天なら楽天アプリやブックマークを開きますし、アマゾンならアマゾンプライムのページを直で見に行きます。

誰が他人のサイトを見ている時に買い物をするかっていうの??

ということです。

5chでさえ、ページ(サイト)を変えて画面遷移させてアドセンスを利用しているくらいですから、いかにアドセンスが大きいか分かります。アドセンス以外は単価の安い競合のクリック広告やスマホのインストール広告になっています。

これをみて分かるのはもうニュースサイトや掲示板など他の役目があるサイトでは配信型広告しか利益を得られないということです。そしてアドセンスだけが飛び抜けてよいのですが、それ1つ以外の候補が極度にないのです。

まあ、5chほどPVがあればアドセンスBANを食らってもまだ単価の安い競合になってもアダルトに近い日本の広告でも使ってなんとかなることでしょう。

しかし、個人ブログでは労力が有限で最大PVが決まっています。

 

会社で運営しているニュースサイトやWeb広告配信の会社は、やっていけてるの?

まず、

  1. 日本の配信型Web広告の会社はやっていけるのか?
    Adsenseの数分の1から10分の1の単価になっているように利益を最大限抜いています。このためブロガー、メディアの努力によって利益を得ることが出来ているようです。これがAdsenseが厳しくても抜け出せないスパイラルの理由です。
  2. 会社が運営しているニュースポータルなどはやっていけるのか?
    これはPVに対してほんとうに利益が薄いと思います。またPVを増やすことをメインとしています。収益はAdsenseや似たようなサービスをメインとしていて、広告枠をPV回数に応じて売り出しています。

1は明白ですが、2はYahooニュースは儲かりそうだけど、もっとマイナーな会社のサイトでさえ利益がでているのが不思議でたまりません。

これはギリギリプラスであればいいのです。

そして、社内の人が記事を作っている必要もないのです。ただ単に、投資対象としていくらかけて毎年いくらずつ利益が出ていて、何年で投資回収できるかという観点で考えればいいわけです。

PVは買えます。それは時事ニュースを追えばある程度は必ずPVが増えます。

そしてそれはすばやくタイムリーな記事を毎日誰かが書いてくれればいいわけですが、そんなこと社員にやらせていては給料を稼ぎ出すことはできません。そこでSOHOのライターの登場です。

ライターですとバイトよりも安い単価で高品質な文章を書いてくれます。とくに名前を出したりするともう割に合わないのにちゃんと書いていますという人が多いです。

つまりは、ライターたちの努力を利益に変えている感じです。

 

引退した方がいい?

みんな引退した方が良いと思います。すばやく転職をするのがいいかと思います。ついでに私の転職アフィリエイトリンクを踏んでからでお願いします!(笑)

あくまでも副業がいいなんていいます。、、、っていうのは間違いで、

片手間でこれができるのは多分、胡散臭いセミナーを受けた人くらいですね。

いいセミナーに当たれば、以上のことを教えてくれるかもしれません。

ネットではあまりこれを言っている人はいません。

ライバルが増えたらいやです。マジで。。順位なんて切実な争いなんです。

 

怪しいもの、恥ずかしいものを売る以外に生活できるほどお金を得ることはできない!

企業のようにお金をかけて記事を書かせまくるか?もちろん、有名サイトでないと安くて頑張ってくれる人も集まってきません。また、リスティング広告を出すのも1つの手です。ここではグーグルにお金を払います。

もう、これでは負のスパイラルまっしぐらなのは分かってしまいます。

知らない間にがっつり入り込まれていました。

さて、そんなわけなんで、当然のことながら

怪しいもの、恥ずかしいものを売る以外に生活できるほどお金を得ることはできません。

ある意味、それがネットの役目でもあります。ひと目をはばからないなら、ネットである必要はありません。またスマホの普及で恥ずかしくて家族に見られたくないものを物色するのもネットの役割です。

たぶん、この需要でほとんど全てを満たしているはずです。

顔も出さない知らない誰かさんがどこかに遊びに行って疲れただとか、店のサービスが悪かっただとか、、仕事の仲間がストレスだとか、、誰がそんなことを検索してまで見るっていうんですか???

意味が分かりません。

 

結論

本当にいい情報商材をもっと早く買ってみたり、セミナーに行っていれば良かった。。。

もちろん、意味ない商材買っても無駄です。。とにかく中途半端に始める前に理解するべきでした。

もう、いまさら。自分で身をもって分かっても遅い、、、、、

過ぎた時間は戻らない。。。

怪しいと思っても全てが悪とは限らない。といって中身のないモノを売るビジネスが流行っていますが。