Categories: 求人

『フロム・エーナビ』-老舗のアルバイト情報サイトで仕事、求人を探したい方におすすめのサイト!

『フロム・エーナビ』-老舗のアルバイト情報サイトで仕事、求人を探したい方におすすめのサイト!

フロム・エーナビは、株式会社リクルートホールディングスが運営するアルバイト求人情報サイトです。

あの黄色い表紙は誰でも覚えているかと思ったら、もう知らないという若者も増えていますが、中高年にとってはアルバイト情報誌といえば「From A」か「an」というものだと思っていました。

もう、お金を出してあの情報誌を買うことも無いわけですが、お金が掛からないから嬉しいのですが、なぜか、得もしない気がします。あの紙面の良さというものはどこかにいってしまったのでしょうか??

フリーペーパーのタウンワークもいいんですよ。しかし、なぜか、なにかが足りない?

あの紙面で募集していたアルバイトをやっていた時代が自分にとっての学生時代だったという人は、どう考えても当時の方が良かったと思わざる得ないでしょう。別におとなになって自由がなくなったとかそういうことじゃなく、社会、いや会社の景気が断然悪くなったという気がします。

情報誌は無料になったけど、時給とか日給とか得られるお金はもっと減ったな、、という気がします。だいたい、20年以上経過するのになぜ?給料が下がっているのでしょうか??

ベアっていう言葉はアルバイトにはないようです。

また、紙面の雑誌は古いものでも意外と使えたりして、だいぶ時間が経ってから電話してみて、「空いてますか??」って聞くと、空いていたりするものです。

それは、それだけ情報拡散力がなかったとも言えるのですが、すぐに人が集まらない時代だったのです。逆を言えば、働くほうが楽だった。雇い主は人を探すのが大変でした。

それでも、たかが、居酒屋のアルバイトで合格したら、あなたの他に50人くらい面接したんだよ!って言われてびびりました。たかがこんな私ごときのために49人が落ちたのか??と驚いたものです。当時では珍しい時給1000円貰えるバイトだったからです。だいたい、当時は東京都内で居酒屋で働くと940円くらい貰える感じでした。それでも高給取りという位置づけです。

それが、相場より高い1000円という時給だったのですが、実際は1500円分以上働かされてしまいました。大事な学業をおろそかにして、留年してしまったりして、学費で100万円くらい損するので、もともこうもありませんでした。親も小遣いやるから勉強してくれと言わざる得ない状況でした。

それが、元祖ブラック学生バイトだったのでしょう。学生といえども、一流ホテルのウエイターの社員のような完成度を求められて、授業なんて一切無い土日の雪の日に電車が止まっているのに3時間もかけて歩いてきた人もいるほどでした。つまり、行かないとクビになる、怒られるっていう強迫観念ですね。

自分も怖くなってそのうち辞めました。あまりに忙しくて、歩きながら寝ている自分がいたのでこれは崩壊するなと思ったのでした。

ビジネス的にも上手く行っておらず、その居酒屋はすぐに閉店しました。

今思えば懐かしいことですが、、、何が言いたいかといいますと、

なぜにWebの時代に同じリクルート社がタウンワーク、フロム・エーという複数の求人媒体を持っているのか??それこそが謎なわけです。

どっちを見ればいいの??という悩みが出てきます。

実際に、フロム・エーで開いた求人の文章を「タウンワーク ~~~~」といれてググると、タウンワークにも掲載されています。

タウンワークは、フロム・エーの後から出来た媒体なのでいまだ、馴染みがあるのはフロム・エーという人が探しやすいようにと言う配慮でしょう。

フロム・エーはWeb版になって、フロム・エーナビとなりました。

紙面だったアルバイト情報誌はワクワクしてきたのですが、Webになった求人サイトを見ているとなぜか気分が落ち込んでいくのです。

どうせ眺めるなら、楽しい気分にさせてくれる方がいいと思います。もちろん、フロム・エーナビも特集を組んだりして見ている人が楽しい生活をイメージできるようになってきています。

This post was last modified on November 14, 2018, 10:07 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.