国立公園

なんとなく、国立公園って凄いっていうイメージがあります。
海外旅行に行って、ここは国立公園なんですか?じゃ、ここは?と、、ガイドさんに声たかだかに聞いてしまいました。

今思えばくだらないですね。National Park、国立公園というだけですが、なんとなく、ナショナルパークって格が高いような気がします。

確かに、そこの旅行先の国では国が力を入れて自然保護を訴えていたので、かなり、最も厳重に守られた公園という意味で、ある意味、何も手が加えられていない森、 ただの森林や林や平原なのですが、なんだかいい感じでした。

イメージとしては世界遺産認定のようなイメージです。

日本は山林は嫌というほど有りますが、国立公園で自慢できるのは世界遺産に立候補できる場所くらいです。

日本の国立公園の数は?

現時点で調べた数は30となっています。

非常に驚きです。たったのこれだけです。

認定されたのもほとんどが戦後の頃にいくつか、、という程度です。

おそらく、この国では県が強かったのでしょう。

と思われます。

たとえば、いくつもの県にまたがるような公園の場合、県同士が責任を明確にするのが大変な場合もあります。

境界線により、管理が違ったらやっかいです。

富士箱根伊豆国立公園などというものがあります。これは、静岡と神奈川県にまたがっていますので、国が管理することにしたのでしょう。

基本的には、どこかの管理者が1つのほうがいいと思います。

また、海外とは考え方が違い、自然というのは、地方自治体に任せることが多いようです。おそらくは、経済的な価値が高い宅地と自然のような山林、原野は 扱いをかえているのではないでしょうか。

あまり、価値を見出してはこなかったようです。日本は山ばかりで、国土のほとんどを山が占めています。

これを有効活用できないなんてもったいないかぎりですが。。

This post was last modified on July 2, 2018, 3:44 am

30

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ