新元号は直前まで教えないのって事務の仕事で困らないか?「永光」?

公文書が西暦に統一されるとこういうことに悩まなくていいのですが、伝統や文化としてはいいと思いますが、事務の仕事をしている人に大きな問題だと思います。

普通はコンピュータを使っているわけですが、それが直前になるまで教えてもらえないのは軽い経済損失だと思います。

たぶん、日本だけでこのための労働時間を合計したら大きな金額になると思います。

本格的に変更を適用するとなると、1日じゃ終わらないと思います。

と思いましたが、5月から新元号になるということでホッとしました。しかし、区切りから言えば、4月じゃないかという気もします。

ところで、

経済の世界は、はっきりいってこんなことしている余裕はないです。

消費税が増税できる状態じゃなくなってしまったらどうするのでしょう?

国民の損失は最小限に抑えてほしいものだと思うのですが、これだけは避けて通れません。

そのうちなんとかなると思いますが、それよりも消費税が増税されなくなったら今TVCMで何回も連呼されているキャッシュレスという言葉が消えて無くなることになりそうです。

キャッシュレスなんて消費税還元がなければ誰も使いたくありません。

今だって20%くらいもらえるから使うわけです。それがキャッシュレスにしない人だけが損をする仕組みを導入するというのですから、全面キャッシュレス化は確定したようなものだったのですが、どうでしょう?

もしも、景気が減速したら増税はできないっていう判断になるかもしれません。

そうなったら、夢のまた夢ということになってしまいます。オリンピックが終わったらさらに減速すると思うのでもうキャッシュレス化できない。

なんてことを考えると実はここ最近の景気の善し悪しってすごく大事だったりすると思います。黄色信号になっていますがこの先はどうなるのでしょうか?

でも、予算が決まっていくのをみているとゴリ押ししそうな勢いを感じます。

やっぱりキャッシュレスでいくのでしょうか?

TVCMで一斉にキャッシュレスといいだして焦っています。

This post was last modified on March 27, 2019, 9:36 pm

ara30

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

Share
Published by
ara30

『アラサーからの生き方サプリ!』

本サイトの情報には古い情報や記載漏れなどが含まれる場合もあります。お申し込み、ご購入する前には公式サイトの「プライバシーポリシー」や「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.