Categories: 一般

日本の公用語が英語になる日はいつか?もうすぐかも?

日本の公用語が英語になる日はいつか?もうすぐかも?

Twitter利用規約より

ユーザーは、アカウントの設定からTwitterが収集するデータとその使用方法を制限したり、アカウントのセキュリティ、マーケティング設定、ユーザーのアカウントにアクセス可能なアプリ、そしてユーザーがTwitterにアップロードしたアドレス帳の連絡先を管理したりすることができます。ユーザーは、Twitter上で自身が共有した情報を好きな時にダウンロードすることもできます。

上記文章でネイティブな日本語はいくつあるでしょう?

16個くらい

英語もしくはカタカナに翻訳したもの

18個

ということでもうすでに日本語だと思っているものがほとんどGoogle翻訳で無理やり翻訳されたようなものになっています。

それが重要な利用規約で使われているからもう近いです。

海外のサービスがなければ日本はもうITが使えなくなる日が近いです。

IT装置などはもうマニュアルに日本語がないものもよくあります。あえて日本語を探すこともなく英語があれば納得します。

海外のサイトサービスを使うことが非常に多く英語で読むのが当たり前です。

こういうことからも英語が公用語になるのは近いと思われます。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ