極寒の最強寒波の日に働くときの服装

極寒の最強寒波の日に働くときの服装

いざ、仕事をしようと思いPCの前に座りましたが、肋骨の間の筋肉が痛いです。

肋間神経痛というやつでしょう。散々経験してきたのでわかるのですが、だいたい、北風が強く吹いているときです。

冬期は日暮れから午前中までは北風が吹き続けています。

以前はここまで酷く無かったのですが、もう、夕方以降には凍えてしまうほど寒くなります。気温がどうこうということではなく、北風が強く吹き始めるのです。

北風は全ての元凶!

病気、風邪、仕事が遅い!

これらの弊害をもたらす北風は経済損失を招いているわけです。

考えるだけで恐ろしいものです。

お好み焼きでも焼きながら仕事ができたら暖かいのですが、基本的には寒い節電状況の中でPCだけが明るく輝く中で、コツコツと作業しているのが一般的な風景です。

夜間は作業しない?

かといえば、それは違うこともあります。

ITシステム開発、大規模プロジェクト、、

といえば、それは24時間勤務しているような感じです。

たまに寝る時間があるかもしれない。

仮眠ですが、そういうことが一時的とは言え、普通にあったわけです。

そういうことを考えると、非常に服装は大事です。

スーツにネクタイという格好で連日、徹夜でPCなんて体壊します。

This post was last modified on February 2, 2017, 4:43 am

アラサーからの生き方ガイド運営者

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.