歯科技工士ー3Dプリンタに取って代わらなれないか?ー気になるお仕事

歯科技工士ー3Dプリンタに取って代わらなれないか?ー気になるお仕事

いかにも職人という感じがして、技術が身につき将来に渡り自分を助けると思っていた資格に歯科技工士の資格がありました。

しかし、最近、老眼が始まり、とても苦痛でできそうにありません。おそらく私は進まない道だと思います。

ただ、歯は弱る一方なのが中高年。

お世話になることはあるわけです。

歯科医院によっては歯科技工士が居る場所もあります。

歯科医師の代わりに入れ歯の調整などをやってくれたりしている本格的な歯医者もありました。

工房のようなところで発注のあった入れ歯や詰め物を制作して短期間で納入する、手仕事なので大変なうえに、単価はコストダウンを余儀なくされる、お客様は歯科医院で信頼関係が大事。

ライバルは増える一方。

という、負のイメージしかわきません。。。

しかし、これからは確実に需要は増えるはずです。

そしてさらに、3Dプリンタってありますよね?

CADで入れ歯などをデザインすることも始まっているそうです。

もうおわかりのように、歯とか3Dプリンタでいい感じのところですね。

家庭用のものでは医療機器には使えませんが、いずれそうなるでしょう。

もう、職人の技も仕上げくらいになっていて、それは歯科医師が患者さんの意見を聞いてセットするときに削る程度でしょう。

つまり、将来的には装置さえあれば、歯科医院の中で完結してしまいます。
昔は銀色の詰め物だって、レジンが流行る前は穴に詰めていました。あれは、歯科医院の中で機械で練ってそれを充填していました。

人手が要らなければ、クリニックでやったほうがいいことが多いわけです。

そう考えると、背筋が寒くなることしか思いつきません。

機械化は人の仕事を奪う!というのはまさにその通りであらゆるところで起きていることです。

接客は人でしかできないので、歯科衛生士の方が需要は高いでしょう。

入れ歯、詰め物の修正は歯科医師が少しだけやればいいわけです。

そうなると、歯科衛生士の方がいいでしょう。

しかし、仕事内容はやはり、独特のことが必要です。アルバイトでも無資格でできる助手のしごとでもいいので歯科医院で働くとわかると思います。

大抵は女性の方が多いのもうなずけます。

女性が力を発揮する仕事なのでしょう。

This post was last modified on February 13, 2017, 7:24 am

アラサーからの生き方ガイド運営者

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.