真冬から働き出すのは危険!

真冬から働き出すのは危険!

あるコールセンターは山奥の雪山で車で何時間もかかるところにあるらしい。命がけで通勤するのだそうだ。

通勤だって車だったら途中で止まることもある。故障したら、命取りです。

そのため、時給が2倍位たかい、かつ、仕事は非常にストレスフルなものらしい。

自分もそことおもわしきところと電話していたら、大元が悪いせいで意味もなくオペレータに切れていたりした。これは逆にやっていたら嫌なので絶対にやらない。

ただ、コールセンターは喋り続けるので喉と歯が丈夫かつ、何を言われても、ポカーンとしていられるような、もう呆れられて諦められるような資質が求められる。

なんだか虚しいものだが。

しかし、厳寒期から仕事を始めるのは最悪だ。

寒いと働きたくなるために妥協して悪い条件でも働いてしまうことが多い。

1月、2月に始めた仕事が多いことにきづく。しかもその全てがすぐに辞めるという事態になっている。

仕事は時期というのがあって、いい時期に見つけないと最悪

いつがいいだろう?

まずは、バイトでもそうだが、3月終わりというのがあるために、4月からというのはある。

あとは、10月からに備える。

1,2月なんて寒いし、体や頭の柔軟性がないし、ろくな求人が残っていない。つまりは、12月に解雇された場合が一番最悪ということだ。

アラサーからの生き方ガイド運営者

仕事の探し方、健康のこと、資格のことなどを調べています。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.