TIG溶接の仕事をタウンワークで探す!

TIG溶接の仕事をタウンワークで探す!

タウンワーク」で、TIG溶接のお仕事を探してみます。

サラリーマンでオフィスワークをしていた者が、思い切ってアーク溶接って資格があるし、やってみようかと思って試行錯誤してみた結果です。

あくまでも、机上で考えただけなので、問題もあると思います。実際にやってみないことには始まりません。

アルゴン溶接で月40万円というのがありました。一応、週5日勤務ということが書いてありました。

未経験から始めても数年後には40万円貰えるというものもありました。

溶接というお仕事は楽しそうな気がしますが、工業高校でアーク溶接があるように、非常にメジャーな資格、スキル、作業です。経験が必要で、きれいな溶接をするには腕が必要です。

しかし、工場地域で工場で溶接しているとなると、おそらく、近くにある大手工場の下請けということになるかと思います。すると、やはり、納期が非常にシビアになり、週5日というよりはもう少し勤務して休みなどは、週1日、公休以外では、やはり取れない。。。

もし、夫婦共働きで片方がオフィスワーカーで土日休みの場合、作業系労働を片方が行うと土曜は休みじゃない、シフト勤務、祝日も勤務。年休なんて発想がないという職場ではまず、きついでしょう。

アーク溶接ができたからといって、独立するという考えも浅はかですので、それ以外のこと何かがあればやってもいいと思いますが、まずは、溶接と言わずに、そういう職場で少しだけ短期でバイトシてみると良いと思います。簡単な作業補助でもいいですから、何かやってみて現場を体験してみてください。
つまりは、アーク溶接の資格が簡単に取れるからと言って、町工場未経験の人がいきなり資格を取って、面接に行くのは、、、、

考えものです。もう少し、他の手を考えましょう。せめて、ルートドライバーなどのほうがまだ、入りやすい職種かもしれません。運転は週末ドライブをしていたら、多少はいいでしょう。

タウンワーク」を見て考えると良いかもしれません。

  • 自分が好きなものを溶接したい!

とっつきやすいものとして、自分が作りたいものを溶接するということが目標として、将来、それを使って独立したいという願いがある場合には頑張れるかもしれません。

たとえば、自転車のフレームを溶接したい!という場合にはTIG溶接の技術を磨くのもいいでしょう。

ただ、フレームビルダーで働くと良いのですが、お金はやはり、産業用の機械を作っている方がいいわけです。それを考えるとどうするかってなります。

とりあえず、そこの会社の前まで行って中を覗いてみましょう。何か分かるかもしれません。

『アラサーからの生き方ガイド』

運営者情報お問い合わせ